読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

宏池会系の勉強会を監視する安倍応援団


スポンサーリンク
自民党リベラル系の勉強会が御厨貴を講師に招き、早くも
再開されたという。
なんとそこには、安倍首相の応援団で、報道機関への圧力を
勉強していた「文化芸術懇話会」のメンバーも含め、
21人が出席したという。
「議論が自由にできる『開かれた党』をアピールする狙い」が
あるそうだ。
 
なんだと?「開かれた党」だと?
 
それならなぜ小林よしのりを呼ぶ回を直前で中止した?
小林よしのりが講師のときに、「文化芸術懇話会」のメンバーを
呼んで、自由に議論すれば良かったじゃないか!
「議論が自由にできる『開かれた党』」などと烏滸がましいわ!
どの口で言うか!
 
安倍応援団を入れたのは監視役だろう。
執行部が監視役として安倍応援団を入れて、何を議論したかを
上に報告させるのだ。
もう自民党にリベラルなどいない!
「自由な議論が封殺された『閉じられた党』」、それが自民党だ。
ちゃ―――――んと見抜いとるわい!