読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

権力者にすり寄るのは恥ずかしくね?


スポンサーリンク
安倍首相の両隣に、見城徹秋元康が立って「組閣ごっこ」を
している写真を見た。
なんだかねえ?。
なんでかねえ?。
これって恥ずかしくない?
 
最近は言論人も文化人も、権力にすり寄ってる奴がやけに多い。
そんなに安倍首相と懇意になると、誇らしく感じるのかね?
 
言論人が権力者にすり寄るのはわかる。無力だからだ。
自分の言論の威力が無力だと感じる者は、権力者にすり寄る。
自分が権力者に影響を与えたという錯覚に浸りたいからだ。
 
文化人、創作者が権力にすり寄る気持ちはわからない。
自分の才能を信じていれば、権力者になんかすり寄る必要は
ないと思うが?
 
わしは政策を実行してくれる政治家には会うし、知恵を求め
られれば話し合う。
安倍晋三とも何度も会ったし、食事したこともある。
だが、政権を取って、誤った政策をしていたら、たちまち
批判に転じる。
「コネ」より「公」を重んじるのがわしの考えだ。
 
わしは個人主義者だから、「コネ」はどうでもいい。
創作者は自分が神だと思うくらいの自信がなければ、やって
いけないので、権力者にすり寄る必要はない!