読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

小林よしのりの乱


スポンサーリンク
公私が分別できるよしのりさんへ
国賊に消される前にアーカイブにします 

小選挙区制は独裁者を生む。
党内が全体主義化して、議員個人の意味が全くなくなる。
自民党共産党と同質になってしまった。
自民党の議員は全員、安倍首相の駒に過ぎない。
あの議員たち一人一人は、個人ではない。
自由に意見も言えないし、国民と議論もできない。
 
政権交代が簡単に出来ると言って、小選挙区制を選んだ
我々国民は反省しなければならない。
カネがかかっても中選挙区制の方が良かった。
 
さらに「決められる政治」を望んだ国民も、独裁者が
アメリカと「夏までに決める」と約束したら、もう
止められないというこの状態をよく見て、反省しなければ
ならない。
議論はもういい、さっさと決めるという独裁を望んだのは、
「決められる政治」を選んだ国民だ。
「ねじれ国会」はダメだと言った者は、独裁を望んだのだ。
 
麻生太郎が、ナチスドイツがワイマール憲法を形骸化させた
方法論に学べばいいと言っていたが、あの時点でここまでの
戦略を安倍首相シンパの官僚たちが考えていたのだろう。
まさにその通りの方法論で、立憲主義が瓦解している。
 
大衆化した国民が馬鹿なんだからしょうがない。