読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

簿記、バランスシートの起源


スポンサーリンク

十字軍遠征の時代、中継基地として貨幣経済自由経済の移行が促進され発展を遂げたヴェニスジェノバフィレンツェ、ピサから商人らが台頭・社会的地位を獲得し、東方貿易が盛んになった。

簿記は、こうした貨幣経済の拡大とともに発明されてきた。現在の賃借対照表(バランスシート)もイタリアが発祥と言われており、これらは、かつて利子を禁じていたキリスト教義と教会が、次第に貨幣価値の修正を強いられ、彼らもそれに手を染めて行く過程とパラレルである。

国が借金する際には、国家から中銀or銀行に国債証券が発行されるが、中銀から銀行への貸付金はコンピューター上で数字が移動するだけである。この銀行への資本金(中銀の資産)とバランスする中銀の負債に計上されるのが紙幣であるが、実際に紙幣が印刷されるわけではなく、これも帳簿上の操作にすぎない。

こうした帳簿上の操作が可能となった背景には、簿記・バランスシートといった今や当たり前となった帳簿管理方法があるからだと考えられる。そこで、まずは簿記の起源について探ってみた。

簿記は、備忘記録をつけるところから出発している。この備忘記録は受委託関係におけるアカウンタビリティの手段としての記録である。この受委託関係を中世ヨーロッパにおける社会経済状況から眺めてみよう。

中世ヨーロッパでは、教会の神父は物質をさげすみ、貨殖活動を「詐欺行為を含み、霊魂の浄化に危険である」と非難していた。

宗教万能時代にあって貨殖活動は戒められてはいたものの、それでも儲けたいと考えた富裕貴族や僧侶たちは、奴隷に商売を行わせたり、また、匿名で資本を提供し、組合契約にもとづいて冒険商人達に委託した。

そこに、受託者である奴隷や冒険商人には、商売の結果を主人や資本主に報告する必要性が生じてくる。

このような、奴隷と主人の関係、あるいは冒険商人と資本主との関係など、委託された資本の運用についての結果報告の資料として作成されたものが、徐々に簿記の体裁を整えていったものと考えられるのである。

また、簿記が考案された13~14世紀のイタリアの歴史は、それこそ「嘘で築かれた聖戦」といわれ、「子供を串刺しにしてむさぼり食った」ほどの大虐殺を行った十字軍がヨーロッパからイタリア経由で東方アラブへなだれ込んだ時期でもある。

約2世紀にわたって天地を震動させた十字軍は、主目的に対して何らまとまった成果を残さずに終わったわけであるが、その政治、社会、文化面に実に重大な影響を与えた。

イタリアのヴェニスジェノバ、フローレンス、ピサ等の諸都市は、十字軍の中継基地として大いに発展し、物々交換を主とする自然経済から貨幣経済自由経済への移行、商人の台頭・社会的地位の向上、そして東方交易が盛んになる。

この時期がちょうど簿記が考案・体系化された時期であるから、簿記は商業の芽生えと同時に、商業と双生児の関係のごとく必然的運命を持って生まれたものである(まさに、ウルフのいう、簿記は商業の子である)。

従って、商業と簿記は一体のものであり、商業への役立ち、簿記なくしては商業の発展はないという関係にある。

商業の発展にともない、富の尺度が土地や金櫃に入っている金銀などの現物を離れ、富を象徴する貨幣に移るようになると、教会の貨殖禁止の考え方も変化する。

新しい富の出現によって、貴族達と並んで土地所有者であった教会の考え方も、自分の土地を守るためにも、また教会の維持のためには金が必要だという現実的な問題に対処するためにも、教義を変更せざるを得なくなったのである。

つまり、貨殖も節度の範囲内でなら構わないという教義の変更である。

貨殖は、教義の束縛からも開放され、商業の発達や大航海時代による商業革命が起こってくると、簿記はますます重要なものとなってくる。

捕捉:

「考え方の刷新とは、今ある状態を変化させることだが、十字軍の時代の教会はまさに思想、秘蹟、教義の偉大なる統一体であった。教皇の崇高性により、また日常の生活規律の指示によって、中世の教会は、その教区の人びとの宗教行事にばかりでなく、俗事にいたるまでゆるぎない影響を与える立場にあった。教会による判断、行動、生活方法への影響は絶大なものがあった。

当時、礼拝やその他の儀式ばかりでなく、人間としてのあり方すべてが、ほとんど教会の考え方によって指示された。教会の実業界に対する考え方、もっと具体的にいえば教会が考える企業倫理は、特定の経済的意義をもっていた。

中世経済の急務の1つは、冒険資本を形成することであった。交通手段の限界が、資本が余剰となっている地域から資本を必要とする地域へ資本自体の移動させるのを困難にした。このような息のつまるような状況に加えて、中世の教会によって発せられた資本移動への特別な懸念のために、資本形成がほとんど完全に抑圧された。

聖書による警告「もし、汝が金銭をみずから貧しい人びとに貸したならば、汝は彼にとって高利貸であってはならないし、彼を高利貸に委ねてもならない。(旧約聖書:「出エジプト記」第22章25項)」が、強制的に勧められた。利子は本来的に罪なものとしての烙印が押されていた。当然、そのような考えは、資本資金の融資を促進することはなかった。なぜなら、その取引にともなう危険の補償の欠如のためである。

したがって、資本市場の類いは中世ヨーロッパではほとんど見いだせなかった。活力の要素たる資本、すなわち、17世紀、18世紀の動的資本主義経済は、中世では可能ではなかった。商業は利子収入に付随する汚名が取り除かれてはじめて繁栄しはじめたということに注目するのは興味深い。」(1993 同文館 V・K・ジンマーマン「近代アメリカ会計発達史」