バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

ジャップランドの無残な実態 簡単まとめ


スポンサーリンク

国勢調査は何のためにやっているのですか?(一問一答シリーズ67)
 A:国勢調査は行政の無駄遣い、つまり二重行政を肯定するために存在する税金の無駄遣いです。住民票や税務署の記録を統計すれば済むだけの話なのに、人を雇って国勢調査をする意味など全くありませんし、国勢調査の調査票に真面目に学歴を正直に書く人なんているんですか? 人のブログを荒らす某精神科医みたいに東大医学部出身ならどうどうと書けますが、私のように高卒の人が馬鹿正直に書いてあげると思うでしょうか?
 そもそもなんで学歴まで書かなければいけないのか意味が分かりませんが、そんなにも個人情報を集めて名簿屋に情報を売る気でもあるんでしょうか? 名簿屋の情報って案外こういうところから出ているのではないかと疑っているわけですが、公務員は情報管理のできない組織なので無料で情報を提供する人はほとんどいないでしょう。
 お役所は情報が流出しても誰も責任を取らないで終わるような組織です。民間なら顧客情報が外に流れれば減給処分は最低でもあるでしょうし、場合によっては懲戒免職になって刑事告訴だってされかねませんが、公務員が情報流出させて責任を取ったことがどれだけあったでしょうか? 責任を取らなくていいから公務員は平気で情報を流出させるのです。役所はセキュリティーなんて概念がほとんどないでしょうし、あったとしても責任を取る必要がないから管理がかなり甘いのは目に見えています。
 しかし交通手段とか就業時間や住宅の面積や家計の収入の種類まで調べるなんて、何か意図があるとしか思えない項目ばかりで、なんでそこまで公務員みたいなシロアリゴキブリに自分の情報を教えてあげなくてはならないんでしょうか?

 

冤罪が発生するのはなぜですか?(一問一答シリーズ56)
 A:冤罪についてよく言われていることは、警察の自白主義によって犯人を作る傾向にあるために証拠もなしに犯罪者にされてしまうのです。そういうこともあって、死刑が執行されて死亡した人の中にも冤罪で殺された人がかなりの数にのぼると思われます。
 戦前なんて気に入らない人間を犯人に仕立てるために、取り合えず捕まえて拷問して自白に追い込んで処刑に至るなんてよくあったと思います。そのくせして処刑をする側は犯罪を犯してもおとがめなしになるのは普通だったと言われています。
 その流れが今でも若干あって、とりあえず怪しいからと捕まえて、暴力を使わない形の精神的拷問で自白調書を取り、それを証拠として裁判をやって死刑宣告されて殺されるのです。昔と違って怪しくなければ捕まえないので、その点は若干進歩してはいるんですが、相変わらずの自白主義は今でも変わっていないので、死刑宣告される冤罪者は今後も出続けることでしょう。

 警察や捜査権を持つ検察は、仮に冤罪で無罪とされても何ら責任を負うリスクがないために、実績を上げるために冤罪でもいいから犯人を作ろうと努力する傾向があるのも問題があります。仮に冤罪との判決が出て賠償金が発生しても、警察や検察は何ら責任を負うこともなく、せいぜい国民の税金によって賠償が支払われて終わりなのが現実です。
 過去の大きな事件に目を向けると、ライブドア不正会計問題などは完全に見切り発車による逮捕でした。とにかく大金持ちになって嫉妬に狂った検察は、気に食わない堀江貴文を逮捕するのが最終目標にして、調べれば何か出てくるんじゃないか程度の捜査だったのは、経緯を見ればほぼ確実です。
 最初から不正会計で調べていたのなら、なんで香港やスイスまで国民の税金を使って調べに行ったんですか? たぶん最初は脱税の線で調べていたのだと思われますが、確かに怪しい取引が出てきました。しかしそれは堀江ではなく宮内の横領しか見つかりませんでした。
 そしてマスコミを使ってヤクザとの関係とか、マネーロンダリング疑惑だとか風説の流布などの検察によるリーク情報でライブドアや堀江の印象を悪くする情報操作を行い、最後は純資産法やDCF(ディスカウントキャッシュフロー)法などで1~5億円まで幅広く価値を解釈できるマネーライフについて、検察は1億円の価値しかないと決めつけ、ライブドアが4億円と見積もったのはおかしいからと、強引に1回目の逮捕したのです。
 完全な拡大解釈による事件のでっち上げなのは明らかであり、明らかに堀江を逮捕するのが目標だったのは否定できないでしょう。当初の脱税による線はどうなったのと聞きたくもなりますが、そんなことはどうでもよくて、金持ちで気に食わない堀江を逮捕することが目的だったのです。
 ちなみに宮内の横領については一切おとがめなしでした。
 もし違法捜査によって冤罪を生み、それによる賠償金を警察や検察が負担しなければならないとなったら、ライブドア事件が作られることもなかったことでしょう。でっち上げて犯罪者を作ることに失敗しても賠償金は税金を払えばいい状態では、再び自分たちの実績を作り上げるために大きな事件が作られることでしょう。

 

愛国心とは何ですか?(一問一答シリーズ52)
 A:すごく難しい問題かと思います。愛国心というのは日本だけではなく世界中の為政者が都合のいい時に使って国民を煽るときに使う言葉だと思っているので、あまり深く考える必要はないでしょう。
 なんとなくですが、右翼や為政者が愛国心なんて言葉を使う場合は、対外的なことと結び付けて煽るために使い、それを理由に国民の自由や財産や命を奪うことが主目的となります。そこに理屈というものは完全に吹き飛んでいて、きわめて感情的な理由によって愛国心とやらを煽ってくるわけです。
 かつては国家(政治家や官僚)を守るために徴兵されて国民は命を落としてきたように、愛国心を理由に国民は財産や命を国家によって略奪されてきたのです。戦争中なんか「天皇陛下バンザイ」と言わされて手りゅう弾自殺を上官に命令されて命を落とした若者がどれだけいたのか想像もできません。信じられないかもしれませんが、武器を突き付けられた状態でお国のためにと言わされて鉄を軍人(正確には国家)に略奪されていたのです。そんな自分達をいじめる国家を好きになる人なんているとは到底思えませんが、当時はうわべだけでも演技をしなくては生きていけないので、それがあの時代の処世術だったのです。
 つまり、銃を突き付けられて愛国心があるように演じなくてはならない北朝鮮みたいな国だったのです。これが為政者の望んでいる愛国心で、いつも都合のいい時にだけ愛国心を使ってくるのです。
 でも日本を好きになるってそういうものではないはずで、日本の四季が好きとか、人々のいとなみとか、暮らしやすさや安心感など、言葉では説明できない主観的な感覚でなんとなくいい国だと思うことが愛国心を生み出すものだと思っていますが、為政者の愛国心とは国家(今だと政治家や公務員)を好きになれという意味で使われている場合がほとんどです。そして「国家のためなら命や財産を差し出せ!」という強盗まがいな思想が含まれているわけで、これで愛国心を持てなんてことは無理な話です。
 そして愛国心は常に非論理的な感情論によって使われて、最後は国全体を滅茶苦茶にしてしまうのです。明らかに負けるとわかっていながらも、処刑されるのが嫌だからって国民をどんどん犠牲にして愛国心を煽りながら戦争を続けさせた旧日本軍は良い例でしょう。国民を守るべき国家(軍人や官僚)が国民を殺して自分達を少しでも長らえさせようとして多大な犠牲者を生んでしまったわけです。
 今でも愛国心なんて奇妙な言葉を社会主義者は使ってくるわけです。なぜ使ってくるかと言えば、理屈抜きに自分たちの言い分を正当化できると錯覚しているからだと思われます。
 例えば、世界的に見ても異常に高い金持ちへの税金という事実上の泥棒から逃れるために、富裕層が海外に逃げると、愛国心がないとか感情的で中身のないことを言ってくるわけです。じゃあどうすれば金持ちが海外に逃げないのかを考えずに、思考停止のまま愛国心云々を言い出して感情的になっていくのです。
 もしあなたの家に泥棒が入ってきたら戦うか逃げますよね?それと同じで武器をもって戦えない以上は泥棒から逃げるしかないのです。それが結果的に海外移住という形になって出てきているだけで、誰も好き好んで国家(政治家や官僚や税金にたかる人間)のために愛国心とやらで資産を税金という名前の略奪にあうことは望んではいないのです。
 権利ばかり主張する政治家や官僚や貧民のために税金という泥棒に合うぐらいなら、泥棒をしない国に逃げるのはごくごく当然なのです。そしてそんな泥棒をしてくる国家を好きになる人っていますか?
 そういう理由から、愛国心とは国民から略奪することばかり考える権力者が都合のいい時に使う単語だと思って間違いはありません。彼らの言う愛国心の対象は常に国家(権力者)なのです。

 

高橋洋一さんが政府資産が600兆円以上あると書いていますが本当ですか?(一問一答シリーズ51)
 A:政府資産とやらをどこまで見積もるかで決まるわけですが、それは別としてはっきり書いてしまいます。高橋洋一という人物は都合のいい解釈しかしないで断言口調で決めつけて、それが間違っていると後々にわかってもスルーしてなかったことにする人物です。
 通貨の発行量に比例して物価が上昇するとかインフレにすれば経済は成長するとか、とにかく希望的観測に過ぎない根拠なきことを断言的に書いて読者を騙してきた人物です。未だにこんな人物を信じる人がいるってのが信じられないんですが、もっと驚くべきは政府資産が600兆円以上あるから日本の借金はたいしたことがないみたいな奇妙な理論です。
 その内訳は、国民の資産である年金積立金を政府資産と定義し、道路などに代表される公共物まで資産扱いしているわけです。挙句の果てには、日本政府は世界で最も資産を持っているなんて断言的に言ってのけるのだから詐欺師顔負けです。
 年金の積立金は政府資産ではなく国民の資産だし、公共物は資産価値はゼロです。本来なら100%減損処理されるか毎年少しずつ減価償却されていなければいけないのに、日本政府はそれをやっていないだけですので、資産だけが積みあがっているだけです。本来なら諸外国と同じように政府資産はかなり少ないはずです。
 一等地に公務員宿舎云々売れる資産は沢山あると断言していますが、仮に売ったとしても焼け石に水レベルの金額にしかなりません。なんでこうやって根拠なく沢山売れる資産があるなどと曖昧に濁しながらも断言的にだから財政は大丈夫と言い切れるのか謎で、よっぽど自分に自信があるのか、あるいは馬鹿なのか、あるいは読者を騙していると自覚していていて、間違っている内容の本でも一部の読者にとって心地よい内容にして売りたいのかのいずれかでしょう。
 推定130兆円分ある道路などの公共物の価値は実質ではゼロ。そのほか国立大学とか独立行政法人の資産は60兆円弱あることになっているわけですが、これもそんなに価値があるとは到底思えませんし、それ以前に売ったら大学や独立行政法人は運営できなくなります。むろん不必要な大学や独立行政法人は多いのですが、それを売ったとして誰が買ってくれるのでしょうか。
 筑波などには独立行政法人の建物がかなり多いのですが、あんなもの買ってくれる人なんているんですか?買ってくれる人がいないということは、それは価値はゼロです。東京大学みたいないい場所にあるところはそこそこの値段はつくでしょうが、ほとんどは価値がない場所にあるので売るに売れない資産です。
 高橋洋一に追随して似たようなことを主張するリフレ派は少なからずいるので、こういった人たちはまず責任をもって本当に売れる資産はどこにどれだけあるのか役に立たない不動産鑑定士でも雇って試算してほしいと思います。根拠もなくあるあると断言的に言うだけなら誰でもできることですが、根拠もなく結論だけを出すのなら小学生にでもできることです。

 

北海道は、どのようにしてロシア支配下に置かれてゆくか

ロシア・プーチン大統領の、「新」アジア戦略、

北海道は、どのようにしてロシア支配下に置かれてゆくか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2016年)、

「意図的に、国際情勢を悪化させる事で、利益を受けるロシア」


本当は、中国と「親密」である、日本の反中国派

中国に対し、強硬な発言を繰り返し、

尖閣諸島の国有化を生み出した、石原・元都知事、

その一族は、なぜ中国と「親密」であるのか。

詳細は、メールマガジン版オルタナティヴ通信、7月号(2016年)、

「繰り返し、繰り返し、日本を戦争に巻き込もうとする者達」


国有化されたので、尖閣諸島は日本国家が「管理」している、というウソ

中国が狙う、尖閣諸島

国有化されたので、尖閣諸島は日本国家が「管理」している、というウソ。

今現在、尖閣を本当に支配している者。


マイクロソフト社の家庭用ゲーム機器=Xbox、その危険性

マイクロソフト社の家庭用ゲーム機器=Xbox、

安直に、それを使う事で、

私人の個人情報が、どれ程、他人に「モレテイル」のか。


敬虔な神のシモベ、の正体


 アメリカ合衆国大統領オバマの就任式において、新大統領の手を聖書に置かせ、宣誓式を執り行っている、キリスト教原理主義教会の、フランクリン・グラハム牧師。

この牧師は、アフリカ・スーダンの北部に在住するイスラム教徒が、過激化し、南部のキリスト教徒を迫害、「テロ」活動を展開していると主張している。

そして、アメリカ軍は、スーダン南部への軍事支援を強化せよ、とTV等に出演し、強行に論じている。

スーダン南部には、豊かな石油資源があり、その石油売却の利益は南部のキリスト教徒の豊かな生活を支えている。

北部のイスラム教徒は、貧困のまま放置されつづけている。

「同じ一つの国家の中で、豊かさは平等に分け合うべきである」とイスラム教徒が主張すると、南部のキリスト教徒は、それを「過激派=テロ組織」と呼ぶ。

キリスト教「世界」での、「テロという、レッテル貼り」の正体が、これである。

「テロ」という非難は、石油はキリスト教徒だけのもの、という意味になる。

なお、フランクリン・グラハム牧師=キリスト教原理主義教会は、ロックフェラー等の石油業界から、多額の「献金」を受けている。

これが、「敬虔な神の、シモベ」の正体である。


某会社の、核ミサイル生産による「利益」のために、全人類は滅亡する

アメリカと、ロシアは対立している。

アメリカ VS ロシアが戦争になると、

アメリカ、ロシアは、最終的に核ミサイルを使用する。

超大国が、核ミサイルを使用すると、全人類が滅亡する。

アメリカの核ミサイルは、某会社が製造している。

ロシアの核ミサイルは、同一の某会社が製造している。

某会社の、核ミサイル生産による「利益」のために、全人類は滅亡する。


東京都知事選挙の不正疑惑

皆様こんにちわ。
7月31日の東京都知事選挙ですが、
最近の慣習に従い、夜8時ジャストで当確が出ました。
なぜわかるのだろうかと不思議でした。

出口調査をたびたび言われますが、私にはその調査の連絡は来たことがありません。
この当確でも不正の疑いがありえます。

そんな疑惑を感じる中、市民団体が独自調査を行い、「鳥越候補」が圧勝だった調査結果を見ました。
これが本当ではないでしょうか?

市民団体だろうが、慈善団体だろうが、誰がやっても「小池ゆりこ」の大勝だと結果が出るはずです。

〔市民団体について〕
都知事選 驚愕の市民街頭調査結果とマスコミの大きな乖離~不正選挙必至 計算ソフトとソースコードをチェックしろ!

http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/430.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/28157781.html


今回の選挙の開票状況が動画でありました。
確かに「小池ゆりこ」票が山のようにありましたが、より疑惑が出た感です。
おかしな記載票がたくさんあり、投票された票がすり替えられた可能性があります。
皆さんのご判断も頂ければ幸いです。


不正選挙を考える方々が爆発的に増えている今、東京都知事選挙も大いに考える時だと思います。

それでは、また次回までお元気でお過ごしください。  


マスコミは事前調査をどこでどの程度行ったのかを公表すべき。
本当にやっているのか疑われている今日では、尚更公表が必要でしょう。
言えないなら、不正だということ。
調査をやっているなら言えるはず。

今の統治機構は首の皮、一枚でぶらさがっていると見る。すべてがごまかしだ。日本国は崩壊に向かっている、閣僚の顔をみてみろ。愚か者の集まり、知性のかけらもない。日本支配者層の屋台骨はがたがただ。ヨーロッパの知識層は日本は上から自壊すると予想している。自由な創造性のない社会は内側からくさってゆく。

田原 憲法改正に反対の国民が過半数越えている特に安倍が首相の時に反対者が増えるのに選挙では不思議と安倍自民党が勝つんだよ。この一言で不正が解る。


不正選挙の構造
1 予め誰をどれだけ得票で当選させるかを決める

2 得票データを作成する。

3 集計用コンピュータにバックドア(裏口)を設けて、実際の集計データと
  すりかえる。
  例えば、H26年舛添データの1.38倍が小池ゆりこ
               0.849倍が増田
               0.637倍が鳥越
  とし、区ごとのデータは若干の乱数データでばらつかせる。

4 捏造された得票データと矛盾しない出口調査データを綿密に作成する
  

5 大手メディア(東京新聞を含む)は、出口調査データを外部委託する。

  「外部委託先は話せない」と東京新聞は答えている。
  産経新聞東京新聞の数値は重要なところでぴったり一致している。

  知事選出口調査精査からわかる大手マスコミ世論調査なるもののインチキさ
  http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/650.html
  投稿者 JPLAW 日時 2016 年 8 月 04 日

6 期日前投票箱の中身を差し替える。 捏造データに近づけるように
  外国人などを使って、乱雑な字でもよいから例えば小池票を作成する。
  捏造データにぴったりあわせる必要はない。

7 週刊誌を使い、鳥越のスキャンダルを捏造し、アリバイ作りをする。
  みんな、鳥越の結果が悪かったのはスキャンダルの影響と思わされる。

今のところ、こんな感じかと思っている。
ほかにも不正の仕組みがあったら、教えて下さい。


そもそも「出口調査」で当確を出されて、黙っている国民の多さに恐ろしさを感じます。
同様なことは国政選挙でも見られます。
 民生委員の私の家内は、国政選挙があると、中学校の体育館に駆り出されて「立会い人」をやらせられました。
60歳過ぎの老婆(?)が、12時間もの間、扇風機しかない体育館から出ることもできず、軟禁状態(?)でした。人権問題ですよね。
そこまでして、投票箱を死守させるのです。

 それを何ですか? 
 出口調査で開票前に「当確」が出るなんて・・・。

 いったい、死守した投票箱は何なんですか?

そうならば、少なくとも出口調査をする担当員の素性くらいは、選管で把握できなきゃおかしいでしょ?

公式的には、「民生委員」に立ち合わせて、
「当確」の決定は、「顔の見えない連中」が、どのようにでも操作できる。

これが役人のズサンなやり方とは知りながら、
こんな開票システムを認めるわけには参りません。