バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

大東亜戦争はしょうもない八百長だった Part1


スポンサーリンク

「旧日本軍が戦ってくれたお陰で東南アジア人は感謝しています!」
「旧日本軍は将兵も武器も強かった!」
などとデマを絶叫している底辺お馬鹿さんに捧げる資料↓


靖国神社で旧軍コスプレした若者がナチス式敬礼、さらにムッソリーニの歌を熱唱していたらしい [883417553]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:36:06.04 id:iHCSVk2o0 ?2BP(1000)

今日の靖国参拝で 1番頭にきたのは、日本軍のコスプレをした男が【ナチスの敬礼】をしムッソリーニの歌を熱唱。
それを白人が撮影していたことだ。これを世界にばら撒かれたら日本の国益を大きく傷つける。
その若者に注意したが、別にかまわないという返答 日本の若者の民度はなぜここまで落ちたのか
https://twitter.com/nekoinuazarasi/status/500300721384722433
リツイート450

カメラを向けていた白人男性がこのコスプレした若者に対し「 ナチス式敬礼の様に」などと指示し、若者は嬉しそうに白人のリクエストに答えていた感じです。
目立ちたいだけのただのバカだと思いますがこの1人の行動がどれだけ日本の国益を損ねるか考えてほしかったです
https://twitter.com/nekoinuazarasi/status/500478445415981057


【反応】
日本人じゃないも敷くわ共産党員じゃないですか?アンネの日記事件と同じ臭いがします
https://twitter.com/tomo20336301/status/500490737251647489
これわざとでしょう。靖国ナチスなんて関係あるはずがない。ナチス同一視を外国人に印象づけようとしてる、鍵十字の落書きして回ってる奴と同一犯では
https://twitter.com/abcd_life/status/500460966161555456
世界にばら蒔かれたら、まさにそれを目的とした反日行為でしょう。日本=ナチスと世界にいい触れて回っている国がありますよね。
https://twitter.com/oga_t/status/500472994863403009

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:37:38.93 id:aMlzlSni0
コスプレwww

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:37:54.34 id:drHX824E0
ネトウヨに付ける薬なし

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:38:22.20 id:HmJKSfZQ0
http://i.imgur.com/xC5IUiz.jpg
マジかよジャップ最低やな

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:39:38.02 id:QHU0o8KC0
そいえば嫌儲には靖国コスプレ大会のスレ立ってないのかな?
昨日は軍服コスプレだらけだったけど

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:39:56.40 id:U1ZuVfZX0
そういえばアンネの日記ってどうなったんだ

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:41:50.85 ID:4u0CegHr0
乃木大将みたいな格好したおじいちゃんがおったな

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:42:18.22 ID:7vZJWPxs0
>>5
ネトウヨファッションショー in YASUKUNI 2014.08.15の様子をご覧ください [372529586]
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1408080178/

わかりにくいスレタイだろうけどあるよ

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:42:38.99 id:bBo7aWYA0
なんでネトウヨってナチス好きなん?

まさか「日本人はいわゆるイエローではないよ」的なのを本気で信じてんの?それでもイミフだが

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:43:34.55 ID:yV+6gt3K0
以下ネトウヨガー、ワカモノガー、ニホンガーのレスでID真っ赤にする奴

11 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:43:39.60 id:QHU0o8KC0
>>8
ワイの検索力が低かっただけなんや、スマンな

12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:44:25.37 ID:4u0CegHr0
>>9
ネトウヨだけどナチス嫌いだよ?
ユダヤ人をポルポトしたり、人の皮でランプシェード作るような鬼畜なんてキモいわー

13 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:44:47.49 id:jVcLCpud0
>>1
明らかにサヨクの自作自演だろ。

14 :Please Click Ad!!@Prohibited Remark:2014/08/16(土) 13:45:12.88 id:PNrw3RhQ0
若者の民度wwwwwwwwwwwwww

15 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:45:44.71 ID:7sD/2Qc80
>>9
主にアニメの影響と思われる
びしっと軍服来てるとカッコいいからな

16 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:45:45.87 id:k824lxa60
883417553

17 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/08/16(土) 13:46:04.32 id:B5ozpBIu0
アメリカンヒストリーXっていう1998年に公開された映画を見てみろ
ネオナチの主張がネトウヨの主張と同義だから

あと、ネオナチの若者を煽って金儲けをするおっさんも出てくるんだが、
まさに今の愛国ビジネスをやっているテキサス親父とかKAZUYAを彷彿とさせるぞ

 

?中国東北部、かつての満州大慶油田という油田がある。日本の九州ほどの巨大な面積に広がり、これまでの中国経済の成長を支えてきた世界有数の巨大油田である。このほとんどの日本人が知らない油田こそ、第二次世界大戦中に日本軍が喉から手が出るほど渇望したものの、遂に発見できなかった油田である。

?歴史に「もしも」は無いのは無論だが、もしも日本統治下の満州でこの大油田が発見され、日本が十分なエネルギー源を得ていれば、アメリカへの開戦という無謀な戦争をしかける必要はなかったのかもしれない。

満州で日本が油田を発見できなかったのは不運だった」とこれまで片付けられてきたこの問題に、著者は新たな視点から失敗の本質をあぶりだす。資源開発の実務経験ある著者が注目したのは、当時満州での油田探査で使用されていた機器や作業内容だ。過去の資料から読み解けるのは、時代遅れの機材や中途半端な作業など、時の最先端とはほど遠いずさんな探査活動の内容だった。

?民間企業は当時から欧米の最新鋭機器や最先端技術を取り入れて資源開発を推進していた一方、日本軍は、欧米で一般に使われていた機材・技術の活用を拒み、精神論で油田を発見しようとしていた。十分な機材・技術なしには、いくら優秀な技術者でも油田を見つけることはできない。エネルギー開発の基礎中の基礎をも把握していなかった日本政府・軍による明らかな失策である。

日本の中枢はエネルギー音痴

?あまりにも情けない失策に開いた口が塞がらないが、その他にも本書では、石油実務を知らない素人によるソ連との権益交渉、荒唐無稽なエネルギー需給分析に基づいて判断された開戦の意思決定、松の切り株を原料として戦闘機を飛ばそうとする日本軍の計画など、いかに当時の日本の中枢がエネルギー音痴であったかがこれでもかと紹介されている。

?当時の政府関係者・軍・民間人たちは必死に日本の石油不足に取り組んだのだろうが、エネルギーリテラシーが欠けていたために、ついに日本を焦土へと化してしまった。この歴史から私たちは何を教訓とすべきなのだろうか。同じ過ちを繰り返さないためにも日本はエネルギーリテラシーを高める必要がある、と著者は鼻息を荒くし本書を締めくくる。

日露戦争も太平洋戦争も日本は欧米の国際金融資本家にやれといわれてやった。朝鮮の植民地化も同様。


★太平洋戦争は談合だった。日本は、英国(イルミナティ)に中国を取れといわれて資金援助を受け、戦争をしかけた。それとは別に、清の金塊を預かるために満州国を作った。欧米に追い詰められて参戦したかのような状況も芝居だった。


★明治開国以来、イルミナティ(英国)が日本の支配権を持っていたが、第2次大戦後ロックフェラー(米国)に支配権を譲るという約束をしていた。米国が支配権を欲しがったのは、天皇の金塊を奪うのが目的。イルミナティと日本を儲けさせてやるから、と丸め込んだ。


上記の他にも同書(吉備太秦氏の認識)の誤りは、日本のロイヤルファミリーの富の源泉とも言われる「天皇の金塊の成立過程」でも、元々天皇家が持っていた金塊ではなく、高橋五郎氏談の様に、満州事変(日本軍の自作自演)→日中戦争→太平洋戦争の戦いの最中に日本軍と配下のヤクザ達が、中国やアジア王族から金銀財宝を略奪・隠蔽したもので、(本来なら)その子孫達に賠償金と共に返還すべきものだと考えられる為である。→(天皇の金塊の「元々の所有権」は天皇家ではなく(本当は)アジア王族の筈?)

B・フルフォード氏の「勃発!第3次世界大戦」のP.91-118によれば
また米国支配層は日本軍に略奪される前に我々(米軍)に金塊財宝を預けなさい。金塊はフィリピンに隠しておき、戦後復興後(70年後には)返すと約束し王族へは「借用証と引き換えで金塊を預かって」いた。
(米軍に預けた金銀財宝は)、日本軍が一時フィリピンを占領して(日本軍が管理)、終戦間際に隠した事で「天皇の金塊」と呼ばれる様になるが、元はアジア王族が米国に預けた物が大半の様である。
というのは、2001年には、70年前にアジア王族から預かった金塊のごく一部(=数兆円)が満期となり金塊で返還を求められたが、彼らは預かった資産を持っておらず、ゴマカス為に自作自演の9.11テロを捏造、金塊
も借用証も崩壊したビルに保管していたがテロで消失したとして「返還拒絶した」事の記載がある。
(高橋五郎氏の著書によれば、フィリピンに隠された金塊の総量は約14万1000トン、2012年の米国の金の(公証)保有量8133トンの17倍以上あり、今もフィリピン山中に12万5000トンがあるとされるが)

上記同書(P.55)の、日本には江戸時代に流通していた小判の量はハンパじゃない。現代の単位で「何百万トンもの金が流通」していました。・・・・だから天皇の金塊といわれるのです。も誤りですネ。
(私が調べた結果では、江戸前期の幕府の金保有高は385万両で、文政元年(1818年)の小判(金貨)と定位貨幣(銀貨・銅貨など)の流通量は2463万両、江戸前期の慶長小判の金1両は15.8gなので、2468万両の全てが金貨だとしても「金の流通量は約390トン」です。(→流通量の認識が「約1万倍位違って」ます)

そして最後の同書の(P.421-422)では、
吉備太秦は、世界銀行IMFの体制の下に、「新開発銀行=BRICS開発銀行」と「アジアインフラ投資銀行(=AIIB)」を組み込み、統一して活動する事を強く望んでいる。とあるが・・・・・これも認識が真逆の誤り

これは、世界銀行IMFが本来の役割を逸脱し、途上国や未開発国の経済発展に寄与する役割を果たさず、逆に、欧米支配層が金融危機を自作自演の捏造で起こし、これらの国の経済を破壊し、IMFが救助の名目
で乗り込んで政府に緊縮財政と重税を強制して、これらの国の民からさらに搾り取る役目で活動している事を認識しておらず、その為に、アジア王族が世界銀行IMFに改善(腐敗分子の排除と処分)を要求するが、
不十分な改革(腐敗分子を温存)しか行わない為に、BRICS開発銀行やアジアインフラ投資銀行(AIIB)設立となった経緯も認識せず、BRICS開発銀行やAIIを世界銀行IMFの配下とすべきとの「本末転倒の論理」を
展開している。(→吉備太秦氏は下記の内容を理解しておらず騙されている?)


「戦争の本質は、マネーゲーム」高橋五郎氏は、そう看破する。

・「戦争の最中も、昭和天皇のマネーはバチカン系の金融機関で運用されていた」(ベラスコ)
・北海道美幌の地下壕は、巨大な隠匿物質の保管庫だった。
 ゼロ戦十数機、ロマノフ王朝の財宝、北京原人の骨、長崎に投下されて不発原始爆弾、 アジア各国が所有していた金塊や財宝などまでが隠された可能性あり。
・フィリピン山中に金塊が隠匿されており、その一部が発掘・回収された。

それらから見えてきたこととは、「日本軍が天皇の名の下に、アジア各国から略奪した金塊や財宝を、世界の銀行が戦後経済の潤滑油として金融市場に還流しているというシステムと実態」だった。

「世界大戦の参戦国が費やした戦費の大半は、天文学的規模の天皇の金塊によって賄われていたということ。第二次世界大戦は、日本がスポンサーだったということ。日本は戦争における敗戦国ではなく主役国であり、これが私の言う、”カラクリ”の意味です。昭和天皇財テク話の真相は戦争基金そのもののことだった。」(高橋五郎氏)


◆元締めは超富豪のロスチャイルドを筆頭とする国際金融資本

マネーゲームであるということは、首謀者たちはグルであるということ。
だから彼らは、巧妙に責任を回避して咎められることがない。いつでも命と財産を奪われる戦争の犠牲者は、罪無き国民と相場が決まっている。

《引用開始》==========
昭和天皇が戦争狂になった訳」(リンク)より

米軍の無差別空襲のなかで、不思議なことに皇居は攻撃対象からはずされ、三菱重工広島造船所や長崎造船所は広島、長崎の原爆投下でも被害はなく、下関空襲でも三菱や軍は無傷であった。

・・・・・・・・・・・・・・
三井、三菱、住友、安田の4大財閥は、太平洋戦争中の4年間に重工業においては全国投資額に占める割合を18・0%から32・4%にふやし、金融では25・2%から49・7%へと急膨張を遂げており、「三菱は戦争のたびに大きくなった」と三菱電機社長はのべている。

・・・・・・・・・・・・・・
1945年10月にGHQが発表した皇室財産の内容をみよう。

「土地・建物・木材・現金・有価証券(美術品・宝石は含まない)は37億2000万円。」
当時の財閥の住友吉左衛門は1億1738万円、三井高広は9628万円。皇室財産は、GHQの公表分であるが日本の財閥の約30倍。しかし、この数字は正確ではない。天皇も、三井も、三菱も、敗戦前にほとんどの金をスイスの秘密銀行に入れたからである。

さて、この皇室財産はその90%が旧憲法のもとで無償没収され、残りの10%は憲法88条の規定により国に属することになった。

・・・・・・・・・・・・・・
マーク・ゲインの『ニッポン日記』を見ることにしよう。マーク・ゲインは戦後日本にやってきた記者の一人である。(中略)

「敗戦の濃くなった1943年、44年、専門家の助言に従って、海外の仲介人を通じ、日独伊枢軸国に好意的だったスイスやアルゼンチンのようなラテンアメリカ諸国の銀行に資産を移されたとも言われる。1948年7月19日付のSCAPの報告書には、『日本の公的、私的財産は共にSCAPの十分監視の行き届かないラテンアメリカ諸国に流出した』とある。」

あるASADの専門家は、戦時中に総額4100ポンドの皇室財産が大部分、横浜正金銀行を通じて海外に運び出されたと見ている。そのうち、スイスに流れたのは850万ポンド、ラテンアメリカに流れたのは1004万ポンドであった。こうした不明な財産の回収作業を行われないまま、1951年に占領が終結した。

《引用終了》=========


出来レースというペテン

日本政府と連合国は、戦争期は貧乏国家だったという刷り込みを行った。占領軍は、日本の焼け野原や被災者の惨状画像のみを切り取って公開し、貧しく、復興も侭ならない日本を世界に向けて演出した。皇居や財閥系の爆撃を免れた建物や施設などの写真は公開されなかった。

サンフランシスコ講和条約では、連合国軍に対する日本の賠償責任を求めながらも、連合国側は請求権を放棄するという八百長をやってのける。それを、日本の知力と行動力で回避したと喧伝する。

胴元の国際金融資本は皇室財産の90%をせしめ、皇室や財閥は粗方の財産を国外に隠匿して温存した。戦争当事者の双方は、戦争責任を免れて巨万の富を得たことになる。塗炭の苦しみを背負ったのは国民だけである。これをペテンと云わずしてなんと表現できるというのだ。

天皇がブレトンウッズ会議に参加した理由」(リンク)で述べられていることは、東京裁判の経緯をみると決して荒唐無稽とは思われない。事前に戦争の終結のされ方を知った天皇は、素早く身辺整理と皇室財産の隠匿を行ったのだ。

《引用紹介》==========
昭和天皇が戦争狂になった訳」(リンク)より

昭和天皇は若いころから、宮中の書斎にはナポレオンの胸像が飾られていたという。ナポレオンを崇拝し、彼にならって大戦争を仕掛けるという壮大な火遊びをやったのである。終戦の玉音放送が流れる日の朝、侍従が天皇を書斎に訪ねると、昨夜まであったナポレオンの胸像がなくなっており、代わってリンカーンダーウィンの像が置いてあった、と…。この変わり身の素早さには驚かされる。

戦後、天皇が海洋生物の研究家になったのは、ただひとえに自分が専制君主ではなかったというポーズであり、戦争中の責任を隠す念のいった方便だった。国民もそれに騙された。そして戦争指導の責任を全部、東条ら軍人(それも陸軍ばかり)に押し付けた。

《引用終了》=========


「国家とは、抽象概念が作り出した形式のひとつにすぎない。つかみどころのない形而上の存在にすぎない”国家”なるカタチを、戦争の真犯人呼ばわりしてどうする。世間にはめざといもっと利口な生き物たちが隠れている。彼らは国家と呼ばれる架空世界を隠れ蓑に、その架空国家と国民の頭の中に漂う抽象概念を巧みに悪用して、戦争を勃発させる。私益を公益だと人々に思い込ませることの長けたそうした生き物たちこそが、戦争の真犯人なのだ」

ベラスコ(ドイツ国軍情報部・アプヴェーア、ナチス親衛隊の情報部・SS所属、日本のスパイ、イタリアのスパイ、バチカンのスパイ。ユダヤ系スペイン人。)の言葉。

参考:【「明治維新」も「第二次大戦」もすべて”ペテン”だった。】高橋五郎・小池壮彦共著


また太平洋戦争である日本軍による米・真珠湾攻撃は、当然㈱BIS(国際決済銀行)のやらせ・八百長だ。このメンバーの一人が、㈱日銀なのだ。この八百長のキーマンは、イルミナティフリーメーソン、国際拝金教マフィアであるネルソン・ロックフェラーとルーズベルト、㈱日銀(官僚)、山本五十六、などだ。ルーズベルトチャーチルスターリンヒットラー天皇ロスチャイルド、ロックフェラー、これら全員に、ユダヤ人の血が流れているのだ。

1944年に、プレトン・ウッズ会議。
英ポンドから米ドルが、金兌換の国際通貨となる。 米ロックフェラーが国際拝金教マフィアの中で、新・世界皇帝として威張りだす。

1944年に、日本に原爆投下。
原爆製造に、アインシュタイン大活躍。 これにより日本は終戦、米国(ロックフェラー)の植民地となる。 日本の終戦は、国際決済銀行㈱BISの、戦費バランスシート上で決済されたものなのだ。 

ちなみに、戦艦・大和を造った呉軍港がある広島に投下された原発は、なんとこともあろうに日本の同盟国であるナチスドイツ製のウラン型原爆なのだ。そして戦艦・武蔵を造った長崎には敵国の米製プルトニュウム型原爆なのだ。戦争は八百長であり、悪魔どものマネーゲームでしかないのだ。

被害にあわれた方々にはお悔やみを申し上げますが、残念ながら広島・長崎は軍事拠点であるばかりではなく、悪魔の仲間が住む皇居から離れているために、新開発原爆の実地試験場に選ばれたのだ。東京大空襲は、焼夷弾による大火災が目的であり、当然、堀に囲まれた皇居(旧江戸城)は無傷なのだ。世界大戦は、悪魔の為政者のマネーゲームであり、表面上の敵味方は、八百長でしかない。
この八百長を隠すために戦後、ユダヤ・大日本帝国の御用記者、学者、作家、右翼、などの大暗躍により、天皇とGHQマッカーサーとの美談などをでっち上げられ、日本国民はダマされたままなのだ。

天皇(国際拝金教マフィアの傀儡)は、米・英・仏などの連合国と、日・独・伊の枢軸国、双方の戦費をまかなう大スポンサーだ。戦争は、連合国も枢軸国も一緒に談合して、アジアの金塊・財宝稼ぎに走ったゲームだった」 - 高橋五郎 (天皇の金塊 高橋五郎 学習研究社

 戦後、大日本帝国は米GHQにより、アメリカン・スタンダード国になったのだ。

「永田町・P証券のビル内に米CIAの 秘密・日本司令部 がある」 - ベンジャミン・フルフォード (世界支配と人口削減をもくろむ人たち ベンジャミン・フルフォード 文芸社 

 この米CIA秘密日本司令部が、現在の日本の、官僚、政治家、経済界、学界、医療界、大本営放送、などの奴隷・家畜に悪魔の指示を出しているのだ。CIAはナチスであり、謀殺、暗殺、麻薬取引、死ぬまで働くのが楽しいなどの民族洗脳、などのスペシャリストなのだ。2013年時点で、日本の累積赤字が1.000兆円を超え、その内の700兆円がアメリカ国債なのは、このためなのだ。


   ベラスコは主張します。
   日本軍の情報は連合軍につつぬけだったかもしれないが、連合軍の情報だって容易に入
  手できた。戦闘の雌雄を決する重要情報を日本軍に渡していたのに、何故か日本軍はこれ
  を無視した。
   原爆投下も事前に察知していながら、大本営が情報を握りつぶしたことが、この夏、
  NHKによって白日のもとに晒された。どうしてそうなるのかというと、答えはこの二つ
  のうちどちらかだろう。

    ① 日本軍はどうしようもなく情報(インテリジェンス)軽視の体質だった。

    ② 太平洋戦争もシナリオがあった。

   因みに鬼塚英昭氏はこう言い切る。

    戦争はすべて八百長だ。


    そんなバカなことあるか!!!
    「陰謀史観が過ぎるぞ!」と思っている方が世の中の大多数だろう。
    でも、米国の公文書公開、及びNHKドキュメンタリーによって20世紀の秘密、
   いや、驚天動地の真実がこれから少しずつ明らかになるだろう。

    高橋五郎氏の遺言のような言説。

    「あと15年もすれば、世界の近現代史の真実が全部明らかになります」

小沢に対して、今の野党自民党が、説明責任うんぬんを言うのなら、「これはM資金だ」で説明してやればいい。
日本政府が、戦争と麻薬と略奪で稼いだ金で、日本中の私鉄の原資となり、戦後復興の資金となったもんでもある。
それはフィリピンに隠され、マルコス大統領の裁判で露呈し、GHQの手先がそれぞれ奪い合ったもんであると。
そして、アメリカが自民党を作った原資でもあるのだと。
 
さらに言うなら、戦後の庶民の公共インフラは、満州、中国、太平洋戦争時の日本が支配してた国から奪い取った金銀によって整備され、さらに朝鮮戦争の戦争屋として日本は成り上がったのだ、と、いうことまで。