バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

泥棒の極意


スポンサーリンク

あびる優 集団窃盗事件の真相

集団で倉庫からダンボールごと商品を盗み、見つかった際は業者のふりをしてやり過ごしていたという。
出典
abiru @Wiki - トップページ
・食べ物、飲み物をダンボールで運び出した
・5~6人でやって盗った物は友達に配布
・半年間やってた
・見つかったことあったけど、業者のふりをして逃れた
・その店は潰れた(それが原因かは不明)
・いつやったのかと聞かれ「ちょっと前」と言いかけてあわてて「すごく前」と言い直す
抗議が殺到し活動自粛

出典
blog.livedoor.jp
犯罪行為を面白おかしくクイズの題材にしたことで視聴者から多数の抗議を受けた。日本テレビはその翌週の番組冒頭で、「先週の当番組で、未成年のタレントの不法行為を取り上げるという不適切な放送がありました。 視聴者および関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。」というテロップで謝罪し、内部調査を行うと発表した。

問題のあびるが所属しているホリプロは、事件の影響を把握した上で芸能活動を無期限で休止させる事を2月19日に事務所公式の謝罪文で発表したが、あびるの取った行為については「小学5年生の頃、近所の商店で菓子類を万引きした経験があり、番組を盛り上げようとフィクションを交えて誇張して語った」としている。無期限活動休止処分は約2ヶ月後の4月19日に解除された。

番組は打ち切り
この事件の影響で翌週より視聴率が急降下し、同年3月の番組改編期を以って打ち切りとなったが、実際はこの事件に関係なく3月の番組改編期で既に終了することが決まっていた。

なぜ捕まらない?
関西ローカル、『ちちんぷいぷい』での弁護士に聞いた意見
・自白だけでは逮捕は無理
・物的証拠や被害届が必要
・だがこの問題が社会問題になると警察も動く
出典
abiru @Wiki - トップページ
Q:あびる優の窃盗が不起訴になったのはどうしてですか?お店を潰すほどのことをしたら普通なら逮捕です。

A:『この度の件につきまして、タレント本人及び担当マネージャーから事実確認をしましたところ、小学5年生の頃、近所の商店で菓子類を万引きした経験があり、そのことを番組担当者と打ち合わせ後、収録にのぞみ、その場の本人の判断で番組を盛り上げようとフィクションを交えた誇張した話として披露したとのことでした。』
上記のように、所属事務所が、公式に、謝罪発表に、述べてますように、彼女が小学生時代の事を誇張した事件を立件出来ない為と思われます。

父親も…
父親はかつて港区内で歯科を開業していたが、それは表の顔だという。では、裏の顔とは・・・・・・

「その傍らで都内に数店舗を構え、多重債権者を相手に10日で2割という法外な利息の貸金業を営んでいたのです。80人の部下を従えて月に数千万円の収益を上げていたといい、その世界では「システム金融の帝王」と呼ばれていました」

方々からかき集めた運用資金の返済に窮し、2002年の暮れに失踪騒ぎを起こした。

続けて2003年6月には、国税調査官に納税データーの改ざんを持ちかけたとして逮捕され、賄賂などで有罪が確定。それを受けて2005年には、厚労省から「歯科医業停止2年」の処分も下されている。


【オカルト】実在した伝説の 泥棒村 泥棒部落についての噂
※このまとめは実在する書物や報道されたニュースについての証言をまとめたもので差別を助長するものではりません。オカルト話の昔ばなしです。

福岡県田川郡の○崎町は泥棒が主要産業。
お気に入り詳細を見る
皮裂町のことでしょ?
部落ぐるみで泥棒を営んで、たしか映画にもなった
ついでだけどこの辺りは九州有数の被差別部落
皮裂、大都、言い柄、垢丘、多川
ルーツは炭鉱労働で集まって来た部落民と在日
■万引き続けて半世紀
--------------------------------------------------------------------------------
大正、昭和と50年、万引きを続けていた集団、福岡の田川郡川崎町の藤ヶ瀬グループのリーダー、
川徳次郎(67)が手下の男女11人と、昭和46年4/21に八戸署に逮捕された。
5/6には故買部門の元締め、森沢禎三(73)が盗品を売りさばいたとして、刑の執行停止取り消しとなり入監が決定した。
森沢は3年前に懲役1年6ヶ月となり、服役していたが、病気で執行停止となっていた。
しかし病室から電話で盗品の取引の指示を出したり、上京までしていたために、
懲役1年2ヶ月10日分の残りの刑期を務める事になったのだった。
森沢は別名「ノートルダムのせむし男」と警察関係者から呼ばれ、前科12犯、15、6歳ですりを働き、
列車から落ちて足を折ってからは、故買専門となり、年商は数億円だった。
瀬川は八戸での3件だけ犯行を自供、瀬川の万引き歴は51年で、26歳年下の妻を持っていた。
4/12に福岡を出発して、万引き行脚をして歩き、今回のツアーで40店舗から1000万円分の商品を万引きしていた。
 
瀬川ら藤ヶ瀬グループの地元の町は350世帯800人が住んでいたが、前科者が114人という地域で、
瀬川らは地元では名士だったという。昭和46年時で、藤ヶ瀬グループは何せ半世紀もリーダーの瀬川が
尻尾を出さなかったという事からも、警察の間でも伝説的な存在だったため、
この瀬川の自供はわずか3件とはいえ、全国紙が大々的に報じるほどのニュースだった。
5/24にはTBS「ニュースコープ」が藤ヶ瀬について放送、それによれば180戸の炭住長屋に住む
大人430人中150人にスリや万引きの前科があり、すべて合わせると前科310犯に及び、年2億円の稼ぎになったという。
藤ヶ瀬グループは結城昌治「白昼堂々」のモデルともなっている。
7 名前:リックアンドプロミス 投稿日:2001/03/06(火) 20:58
今の筑豊は、炭坑閉山後にできたニュータウンに住んでいる人のほうが
それ以前の古くからの住人より多いのではないでしょうか。
ですから全体として筑豊の治安、状況は良くなったのではないかと思います。
しかし現在でも、筑豊ナンバーの車には気をつけろ、ともいいますし
私の家族の職場でも、筑豊の人間は何かにつけて難癖をつけて金をせびるので
要注意だそうですが。
10 名前:ななしー
投稿日:2001/03/06(火) 22:18
明治から昭和まで、炭坑の景気が良かった時代に
たくさん人がいて栄えてたのに、
炭坑が閉山になってしまい、
地域経済が悪化したからでしょう。

失業率も生活保護も、閉山直後よりはずっとましになった、
とは福岡出身の友人の話だ。
やっぱりそういうことなんでしょう

どうでもいいことですが、筑豊の一部にはまだ炭住が残っています。
炭住とは炭鉱労働者の社宅のようなもので、新しいものでも築40年はたっていると思います。
かなりボロボロで廃墟同然でした。筑豊周辺のほかの地域にはそんな古い建物は残っていないと思います。
私が見た炭住は現在も住居として使われていました。
私の見た炭住のあった場所は、新しい家もあり、いわゆるドヤ街だとかB地区とは異なる様相でした。
まあ、昔のことはわかりませんが。
あの炭住に代表される負の遺産はまだ多く残っていると思います。
暴○団が多いこともその一つでしょうか。
白昼堂々は実話を元にしたフィクションです。
泥棒部落は、福岡県田川郡川崎町に実在します。
NHKの連続ドラマ(たしか銀河テレビ小説だったかな)でも
泥棒部落をテーマにしたドラマを製作する予定だったけど
地元自治体(川崎町)からの抗議を受けて中止となりました。
また、筑豊(川崎町を中心とした)では、昭和30年~40年代に
自分の指を切り落として保険金詐欺をはたらく人も続出して、
「筑豊の指狩り族」として全国紙でも大きく報道されました。
二、三十年前田川郡川崎町のある部落で、洗濯機やク―ラ―を何十台も電機メ―カ―から直接詐欺でだまし取って、逮捕された人達(窃盗団)がいたそうです。その当時ボロボロのハ―モニカ長屋に、ク―ラ―の室外機がズラッと並んで、表には家主のベンツがとまっていたそうです…なんか、不思議な風景だったそうです…そのことで泥棒部落と呼ばれるんだと聞きました…しかし、そげな人間ばっかりやね―んばい筑豊の人間全部がそげなんち思わんどってね俺ら、迷惑しちょっちゃき
この間まで新世界の映画館で筑豊どろぼう部落の映画やってたよ。
「九州の某地区に実在する…」とか言ってた。
>泥棒部落

小沢信男『犯罪紳士録』(1984年講談社文庫、絶版。現在は幻冬舎文庫から復刊?)の313~314頁に詳しく書いてあるよ。

「瀬川徳次郎。福岡県田川郡下の、いわゆる泥棒村"藤ヶ瀬グループ"の長老。1971年(昭和46年)4月、一味12名を従えレンタカーで日本列島万引行の途中、青森で逮捕される。時に65歳。逮捕歴8回」
「伝承によればこの部落は明治末に大分より移り住んだ山の民で、大正期にスリの集団となり、徳次郎も少年時より技を磨いて成金どもの懐中をかすめた。(中略)再々の手入れには、相互扶助体制で堅固に維持し、部落180戸のうちスリ万引の前歴者123名、前科合計310犯、年商2億円といわれた。(中略)管理社会化のせちがらい世の中に『かつてこの村の中で犯罪が発生したことは1件もない。この村の駐在は日本一ひまなはずだ』(井出孫六)というこの美しい共同体の健在を祈るファンは数多い」
「ルポに加藤延之『実録泥棒大家族』、井出孫六「山を奪われた山の民」(『犯罪者たち』筑摩書房)」
お願い!田川にふれないで・・・あそこは福岡でも禁句・禁制の別世界です。
知らなくていいことばっかりなんだから。特に県外の人は知る必要なし!
28 名前:七誌 投稿日:2001/03/07(水) 07:52
田川のセブンの目の前でレイプしてた…。
まじ怖かった・・
29 名前:ななしだよん
投稿日:2001/03/07(水) 18:43
生活保護金の支給日に役場の回りに露店が沢山出るというのは本当なの?
暗くなってもライトをつけない、右左折・進路変更時にウィンカーを出さない、車間距離という概念そのものがない、というマナーの悪い運転の三拍子揃っていますからね。
 あと、見切り発進や信号の変わり際に突っ切る車も多いのと、駐車マナーも悪い。

 信号が青になって0.5秒以上発進しないとクラクション鳴らされるので、ドラッグレーサー並の反射神経が求められる。
 教習所で習ったとおりに「速度表示×1m(40km/hなら40mという具合)」の車間距離とか確保していたら、間に三台は割り込まれるし、1車線しかない道なら後続車から煽られまくるので、前の車が100km/h出していようと150km/h出していようと、有事に追突しないギリギリの距離まで詰めて追走するF-1ドライバー並の集中力が求められる。
 合図なしにいきなり進路変更や割り込みをするから、ニュータイプ並の予知能力が求められる。
 日没後もポジションランプもつけないから、第三の目でものを見る爬虫類のような能力が求められる。
 カーブや交差点でもかまわず駐車するから、急旋回中に自由にラインを変えられるジムカーナドライバー並のテクニックが求められる。

 去年まで15年間東京で暮らしていて、毎週金払ってサーキット走行会に出かけていたけど、福岡県なら日常の通勤でもタダでモータースポーツが楽しめます
小倉南区と八幡東区の接点辺りもヤバいよ。

 北九州道路と新幹線の間あたりの地図が空白になっている地域。
 ここには「山田人」という教科書にも載っていない民族が暮らす村があったらしい
高3の時(かなり昔)、旅行好きでもあった私は、今で言うドキュン仲間に見送ら
れ九州2週間の旅に行きました。(夏休みネ) で、ぼた山に登ってみたかった私
は、飯塚か直方(どっちか忘れた)の駅を降りた訳です。(一人で)  その時の
服装は白いジーパンに白いチューリップ帽の、半ば受け狙いの筑豊住民をなめたい
でたちでした。(親から借りた一眼レフ装備)
 駅からぼた山が見える方に10分位歩いた時、「なんかヤバイ感じだなア」と思
いましたが、だんだん近づくぼた山に胸踊る私にとってその憂うつ感は、取るに足
らない事でした。その当時の街並みは、星 飛雄馬の家みたいなのが、何百戸もあ
る隙間に、いくつもボタ山が在る!みたいな感じでした。
 ボタ山に登って写真を撮った後、駅に向かって歩いている時、なんとなく後ろを
振り返ると、ダークなオーラを纏ったワイルドな方々が2、3人こっちの方向に歩
いてきました。しばらくしてまた振り返ると、今度は4人になってました。
 「まずいな。」と思い、わざとかどを曲がり、暫くして振り返ると、なんと6人
に増えてこっちにカッタルそうにはしってきてましたが、私が振り返っているのに
気が付くと歩きにもどったりしてました。
 ハマっ子の私は、寿チェイス(寿町を有効利用したスリリングな遊び)の経験者
だったため、この場合はショートカット(路地裏強行突破)を試みました。路地裏
では、ちんちろりんや、花札などをしていたようですが、私が疾走してくると会話
が止まり、罵声が飛んでくる時もあったりで非日常の世界炸裂!!何とか駅近くの
の喫茶店に飛び込む事ができました。飲みものを注文してほっと一息しながら窓の
外を見ると、またもや彼らに見つかり、外でヤンキー座りを始めながら、私を見な
がらツバを吐いたりしています。「こりゃ駄目かも。」とうんざりしていると、サ
店のマスターが一言、「でんわここ。」とピンク電話を薦めてくれ、(入り口のレ
ジの横にあった)私は彼らにアピールしながらなんちゃって110番をしました。
 そうしたら、彼らはむかつきながらどっかに逝きましたが、まだ安心できなかっ
た私は時刻表を広げ、「次の発車は○時○○分、駅まで何分、改札から・・・・」
と時間をはかり、いっきに駅にむかいました。案の定、また彼らに途中追撃されま
したが、ワイド周遊券所持の私は改札をノンストップで突破でき、それが決めてと
なりなんとか逃げ切る事ができました。(途中改札突破しようとした彼らを、身を
呈して阻止してくれた駅職員さんに感謝!)
 後年、博多の友人(魔神とかいうバンバンブーの特攻隊長だったらしい)と知り
会い、その時の話をしたら呆れ返って爆笑されてしまいました。
 長々と失礼しました。
昔小倉に住んでた頃、小倉北区木町のボクシングジムに通ったことがあります。

86年当時、やがて世界チャンピオンになる鬼塚君も同じジムにいて、彼の
スパーリングはメチャカッコよかった。正直惚れ惚れするボクシングでした。
そんなある日、筑豊ジムの連中が視察交流に来たんです。ヤツらのボクシングの
汚さ、態度の悪さは目に余るものがありました(会長がビビッてたぐらいです)

鬼塚君もその中の一人がスパーリングしたんですが、筑豊ジムのヤツは肘は使う
はバッティングはするわで、さすがの鬼塚君も一方的にボコられてました。
みんな彼(鬼塚君)がそこまでやられるのを見て唖然とするなか、途中でなんと
鬼塚君はそいつにわび入れて、自分からリングを降りてしまいました。

ストリートファイトなら畜報ドキュンは最強かもしれません。(以上実話です)
59 名前:dd[] 投稿日:2001/04/17(火) 17:11
中学のとき女の人を木に吊るして殺しました。
紐を自分の首にかけ、木から垂らした端を僕に引っ張れというのでそうしました。
くさむらにカメラが仕掛けてあったけど、あれって何?

高校のとき女子高生をダンプに引かせて殺しました。
中学のときのいじめっ子が女子高生をダンプに乗せて連れてきて、
僕の目の前に女子高生を立たせ、服をダンプに引っ掛けて
「そこを動いたら殺す」と言って自分はダンプに乗り動かしました。
一度は引っかかってたのを外してやったが、すぐ降りてきてまた
引っ掛け、また脅されました。
今度こそ女子高生はダンプに引きずられ、走っていきました。
その後、女子高生がダンプに引きずられて足がなくなって死に、
運転手は無免で事故ってことで責任は問われなかったと聞きました。
その話を聞いたとき、そのとき僕がその女子高生と話していた
のを知ってると言ってました。

筑豊地区の昔の話です。


ピッキングは中国黒社会のテロだ!!


 当社の工事現場で大工道具盗難事件が連発

 当社の工事中の現場で、夜中に大工道具が根こそぎ盗まれるという事件が、この半年間で2件発生した。
 今までも、大工道具が夜中に盗難に遭うということは、皆無ではなかった。しかし、盗まれたのは良い鉋とか、高価な電動押切りなどに限られ、同業者か見習いの単独犯ではないかと想像された。被害総額も限られていた。
 ところが、この半年間に発生した2件の盗難は、今までの盗難事件とは様相を異にしている。ピッキングで堂々と玄関のドアの鍵をあけ、ありとあらゆる道具を運び出している。重いコンプレッサーなどを、ハシゴしかかかっていない地下や2階から運び出すにことは、到底一人では出来ない。おそらく2、3人のグループによるトラックを使っての仕業であろう。そして、被害額は100万円以上に及ぶ。


 大工道具の盗難に、現場保険が効かない

 大工道具盗難事件で、困るのは現場保険が効かないこと。
 当然、各社とも工事中の万が一に備えて、保険に入っている。資材が盗難にあったり、現場が傷つけられると、保険の対象になる。
 しかし、大工道具は保険の対象にならない。一々証明することや査定が難しいとことが理由であろう。現金と同じ扱いで、犯人が検挙されて出てこない限り、盗まれ損。別途、動産保険に入るしかない。
 つまり、安全であった日本の社会が、ピッキングに代表されるように非常に危険で、安心出来ない社会に変質しつつあるということ。大工さんは、毎日車に道具を積んで持ち帰らざるを得なくなってきた。
 そして、自宅の車庫に置いた道具を積んだ車が、車ごと盗難に遭うという恐ろしい社会になるかも知れない。現に、当社の社員が自家用
車を盗まれている。


 想像を絶する中国の「黒社会」の実態

 数年前、「黒社会…中国を揺るがす組織犯罪」(何頻・王兆軍共著、草思社) を読んだ時、中国で頻発している黒社会の犯罪の、あまりのすごさにびっくりした。
 軍用列車を襲撃したり、軍隊の食堂に押し入り数トンの小麦、豚肉、春雨を収奪したり、一夜にして油田の4000メートルのケーブルや電線を持ち去ったり、工場から原料を略奪したり、都市のマンホールの蓋を持ち去って自動車や自転車の事故が多発したり……。  中国が、急速に経済成長を続けていることは、大変に喜ばしい。しかし、海岸都市の隆盛は貧富の差を大きくし、貧しい農村から膨大な数の流民を招いている。
 この戸籍も職業もない流民が、黒社会に吸収される。
 日本のハングリー感のない暴走族が、チンピラやくざを気取るのとは訳が違う。命をかけて犯罪を行う。そこは、今までのしきたりや常識が通用しない世界


 偽パスポートや偽身分証明書などはたやすい

 一頃、中国からボロ船に乗って、日本へ密航する事件が後を絶たなかった。そうした密航のニュースがほとんど聞かれなくなった。日本の取り調べが厳しくて、密航が商売にならなくなったのではと考えている人もいよう。
 事実は、ボロ船に乗らなくても、簡単に日本に密入国出来るようになってきて、ニュースにならなくなっただけ。
 黒い組織は、今や偽パスポートづくりや偽身分証明書づくりの工場を持っているし、武器の生産工場も持っているという。
 日本に滞在する密入国者の中に潜入して、彼等の実態を書いた「潜入…在日中国人の犯罪」(富坂聰著、文芸春秋) を読むと、中国の黒社会が如何に日本人の、のほほんとした平和ボケの社会を食い物にしているかが良く分かる。
 私などがクダクダ内容を紹介するより、税込みで1500円だから、是非、一読をお薦めします。間違いなく、背筋がゾッとします。


 石原都知事の「不法入国の第三国人の犯罪」は正しい

 石原都知事は、こうした中国の黒社会の動きを熟知していたから、「都民の生活と平和を脅かしている不法入国の第三国人」という発言をした。
 この第三国人という表現は問題あったが、ピッキングや高級車盗難、パチンコ屋の換玉シートなど、東京が急速に不安全な都市になりつつある元凶の一つに、間違いなく中国の黒社会がかかわっている。 
 勘違いしないで頂きたい。私は中国そのものを誹謗しようとしているのではない。世界の生産加工場となった中国を無視することは出来なくなってきている。

 日本のやくざ、任侠の世界では、昔から「堅気には手をだすな」という掟があり、不十分なりにもそれが守られてきた。これに対して、中国の黒社会は相手が堅気であろうがなかろうが、金にさえなれば殺人を平気でやってしまう「テロ」なのである。この「テロ」を真似る日本人が、高失業時代で増加してくるかもしれない。


 テロ対策としての防犯のあり方

 テロというとタリバンとか炭疽菌を連想するが、日本におけるテロは、かっては「赤軍」「北朝鮮」で、近年は「オウム」であり「中国黒社会」である。
 このテロには徹底的に戦わなければならないのだが、日本の政治家も警察もジャーナリズムも腰が退けている。口で平和を唱えているだけでは、都民の平和と安全が守れず、急速に不安な社会に暗転するという事実を、オウムと中国黒社会が教えている。
 工事中に、このテロ集団の現場侵入を防ぐ方法がない。どんなに頑丈に施錠したとしても、人気のないところで時間がありすぎる。自動車盗難用の発信機を、道具箱にしのばせておくしかないのかも。
 そして、これから施工する住宅ではダブルキイにするとか、セコムするしかない。そして、何よりも地域コミュニティで、監視を強化することだろう。しかし、中国黒社会の巧妙な手口を知れば知るほど、こうした対策では限界があることを知らされ、愕然とさせられる。
 やはりテロは、強い意志で絶滅させるしかない。テロとの戦いは、戦争そのものなのだ。  


  平 成 武 芸 帳       *

*    スパイ天国と泥棒天国 ”日本”       *

*********************************

 第二次世界大戦中日本には、諜報機関がまだ存在していたが、敗戦後、G.H.Q.の
占領の結果、日本の軍事力と諜報のシステムはアメリカの傘の下に入れられてしまった。
教育のシステムも全く180度ひっくり返り、日本古来の大切な伝統や文化を軽んじる風潮
がずっと続いてきている。今の若い子達だけでなく、50代、60代、のおやじたちまでが、
”やっぱりアメリカすばらしい”などと言っている始末である。これはある意味で、コンプ
レックスの表れである。
  何で国旗を掲揚したり、君が代を歌うと文句を言う日本人がいるのであろうか?ドイツ
もイタリアも同じ敗戦国でありながら堂々と国旗掲揚するし、国家も歌っている。サッカー
とかオリンピックの時は、歌うくせに、学校で歌うと何故文句がくるのかわからない。これは、
日教組のせいなのだ。マスコミもどちらかというと、それに近い思想で、情報の操作をする
道具として利用されてきた。
 そして、今や、日本語の”諜報 ”と "情報 ”は区別なく使われてしまっている。
アフガニスタン問題のときに、国会議員達が、"情報! 情報!”と言っていたが、あれは
単に、インフォメーションのことで、旅行のガイドブックみたいなものである。
  諜報とは、007(MI6)やC.I.A.モサド、K.G.B.などの集める情報の
ことを言うのである。今、日本国内の中には、彼らがネットをはっているし、特に北朝鮮
の工作員や、又中国のスパイも大勢いるようだ。新宿中央公園の爆発でホームレスのおじさん
がけがをした事件及びあとに続いた爆発事件は、北朝鮮の工作員によるものと考えられている。
若狭湾の原発も彼らが、虎視眈々といざと言う時の為にねらっているのかもしれない。
  鈴木宗男議員が、K.G.B.の諜報員の手助けをしたのしないのともめているが、
日本の国会議員達の中には、C.I.A.や北朝鮮や中国の手先になっている人たちが、
大勢いると思われる。今は、もう地下に潜入したが、霊感商法でゆうめいな統一協会及び
勝共連合は、中曽根、金丸時代自民党に騙しとったお金をいっぱい献金して、議員の秘書
を大勢送り込んで、多分情報をとって北朝鮮に流していたのだろう。それに比べれば
鈴木宗男ちゃんなどは、かわいいものである。
 戦後、C.I.A.は、相当資金を、自民党につぎ込んだとレイクラインさんが、死ぬ
前に言っていた。児玉誉士夫、小佐野賢治、岸信介、笹川良一は、皆戦犯で、巣鴨刑務所に
いたのに何故早く出所できたのか?もちろんアメリカと取引をして、私達を売ったのだ。
  この10年、日本の企業は、エシュロンと言う傍受システムによって殆んどその企業
秘密を盗まれているし、今でも傍受されている。その為にインターネットや、携帯電話が
気が狂ったように普及したのだ。何がIT革命だ!!!
  日本は、これから諜報ということを真剣に考えないと、まもなくこの国は、消滅する。
今や、中国とアメリカが、日本を分割しようといろいろ工作しているのだ。中国は、窃盗団
を送り込み、今までかつてなかった様な、残忍な犯罪を日本国内で犯し、これは、昔、日本
が中国でしたことへの復讐だといって、自分達を正当化している。

  日本にも、早く 007、間諜X、マタハリ、隠密、忍者が登場しなくてはならない
のだ。このままでは、いつまでもアメリカに隷属する二等国の域を脱することができない。
”火の鳥党”は、今、このことを真剣に考えており、もう準備をしている。


伝説の泥棒、北九州で捕まる。50年泥棒一筋。

「刑事に負けたんじゃない。年に負けた」 窃盗“キャリア”50年超の72歳男
2013.7.3 19:53 [窃盗・ひったくり]

 福岡県警早良署などは3日、窃盗などの罪で起訴された住所不定、無職K被告(72)による窃盗などの被害が福岡、北九州両市を中心に184件、被害総額が約1千万円に上ることを確認したと明らかにした。県警はうち5件の計約15万円分を送検し、捜査を終結した。

 同署によると、窃盗の“キャリア”は50年以上で、捜査員の間では伝説的存在。「刑事に負けたんじゃない。年に負けた」と供述しているという。

 K被告はこれまで、捜査段階では一貫して容疑を否認することで有名だったが、今回確認された184件については容疑を認めているという。

 184件の内訳は、2011年8月~今年3月、福岡市などで深夜に美容室や飲食店に忍び込み、現金を盗むなどした疑い。

 送検された5件のうち2件が起訴され、福岡地裁で公判中。4日に判決が言い渡される。
(産経ニュース2013.11.12より引用)
伝説の泥棒が逮捕された、というニュース。
深夜に店舗に侵入する「出店荒らし」の手口です。
どうやって侵入していたかは記載されていませんでしたが、ガラス破り、ドア錠破りなど自分の得意な侵入手口でずっと継続して侵入を繰り返していたと思われます。

セキュリティハウス・センターが設立した当初、唱和59年頃に元京都府警の刑事に顧問になっていただき、犯罪者、特に窃盗犯の手口や心理を学びました。

その時に、例えば「ガラス破り」でも3点破りなどと言って割り方の特徴があり、その割れ方等から「この手口はあいつだ」と想定できることも多かったようです。一つの手口で成功するとずっとその手口を繰り返して熟練して職人のようになります。

もちろん今回のような職人気質のような泥棒もいれば、複数で行う窃盗団もありますし、素人が真似て行う犯罪もあり、今は一概にこんな泥棒ばかりではありません。特に外国人窃盗団などは武器を持ち、荒っぽく破壊音を立てて数分で犯行を終えてしまう、という「凶悪化」「短時間化」した手口で犯行に及びます。

この泥棒も伝説の泥棒であれば、その手口から刑事は追っていたにちがいありません。
50年、泥棒一筋とは・・・。その情熱を別の方に向けていればそちらでも伝説になっていたかもしれませんね。


下町のルパン 空き巣で稼いでは女性に貢ぐ

ルパン3世というと、大泥棒?女性に弱い?といったイメージがありますが、なんとも憎めないキャラクターですよね。

その昔、「下町のルパン」と呼ばれる男がいました。
空き巣で稼いでは、女性に貢ぐ・・・
そんな「下町のルパン」をご紹介します。


●バブルに沸いた20年ほど前、東京都足立区や荒川区など下町を中心に約900件(被害総額3億5000万円相当)の空き巣を繰り返し、家人が留守にしたわずかな時間を狙うその手際の良さと黒装束から、捜査員から「下町のルパン」と呼ばれた男が2月、警視庁捜査3課に逮捕され、6月から再び服役生活に入った。被害額は以前に比べ大幅に減ったが、手口や盗んだ金を交際中の女性に貢ぐのは変わらない。男は「絶対に捕まらない自信があったのに」と肩を落としたという。

 男は千葉県佐倉市の無職男(65)。88〜90年、東京・下町を中心に都内全域で窃盗事件を重ねた。延べ約5000人を投入し捜査した結果、90年11月に逮捕され、5年間服役した。

 捜査関係者によると、受刑者は盗んだ貴金属をルーペやてんびん、指輪サイズ計測器などで鑑定。価値を確認したうえで質店で換金し、妻子や交際中の女性3人の生活費に充てていたという。

 受刑者はその後、03年4月に警視庁に再度逮捕され、08年11月に仮出所していた。

 「ルパンがまた動き出したらしい」。捜査員が動向を耳にしたのは09年ごろ。捜査を始めると、黒い服に身を包んだ受刑者が頻繁に外出するのが確認された。
利用駅を頻繁に変え、ドアが閉まる直前に電車に乗り込むなどして、捜査員の尾行を振り切り続けた。

 だが、商品券をチケットショップで換金したのをきっかけに今年2月、捜査3課に逮捕された。
逮捕容疑は09年12月22日、埼玉県三郷市の男性会社員宅の1階窓ガラスをドライバーで破って侵入し、現金40万5000円と商品券10枚(時価1万円相当)を盗んだ疑い。窃盗罪などで起訴され、さらに2件の空き巣事件で追起訴。6月に懲役2年4月の判決が確定した。

 受刑者が警視庁に提出した上申書によると、2月に逮捕されるまでに東京、千葉、埼玉の3都県で約120件(被害総額2300万円)の空き巣を重ねたという。
高齢になった「下町のルパン」だが、取り調べに「盗品を換金して愛人だったスナックのママと旅行に行ったり、貢いだりした」と供述したという。
(7月29日毎日新聞より引用)

空き巣の手口は、窓ガラスをドライバーで割る「ガラス破り」
ルパン3世のように、空を飛んだりといった派手さはありませんが、今までに数百件の空き巣を繰り返しているのですからものすごい頻度で空き巣に入っていることになります。

貴金属を自分で判定して換金したり、といったところや、愛人に貢ぐところは「ルパン」という名前にピッタリです。
こうしたプロ中のプロは、何度刑務所に入ったとしても又再犯を重ねる傾向にあります。

こうしたプロの窃盗犯は、完全犯罪を狙い「下見」を行います。
安全性、確実性、容易性を考えて、どこに侵入すれば、人目につかず簡単に、確実に金を得ることができるか?を考えターゲットを選びます。
そうした泥棒に対して、建物の外でいかに「ここは万全の対策をしているから狙っても駄目だよ」とPRするか!が大切です。
多くの泥棒は楽して金を稼ぐ、安全にして金を稼ぐ方法を考えていますので、わざわざ危険を冒してまで侵入しようということにはなりません。
だからこそ「見せる防犯」・・・抑止力の高い威嚇機器や防犯カメラ、外周警備センサーなどを見せて「ここはやめよう」という気持ちにさせることが大切なのです。
泥棒の嫌がる環境を作る
このことこそ、セキュリティハウスが最も重視している点です。
犯罪に遭う前に、犯罪に遭わない環境を作ることが大切なのです。


「忍込み」のプロの独り言

忍込みのプロ61歳。引退宣言「年だし体力ない」
ターゲットとしていたのは「間取りがわかりやすい」というお寺の庫裏と農家風の家でした。

●茨城県警境署に3月、信号無視で現行犯逮捕された男は、夜間に家人が寝ているすきに盗みを働く“ノビ師”と言われる「忍び込み」のプロだった。

 約30年にわたり逮捕、服役を繰り返してきた男は捜査員に対し、「もう年だし体力もなくなった。獄中死したくないから、今回で足を洗う」と引退を宣言。
同署は「本当に辞めるという彼の気持ちを信じたい」としている。

 男は、窃盗などの罪で起訴された住所不定、無職男(61)。
30歳頃から大工の傍ら、県内外で忍び込みを始め、埼玉県警などに逮捕されてきた。
最後に仮出所した2007年9月以降は都内の工務店に勤める一方、忍び込みを再開。
今年1月には仕事を辞め、盗難車で車上生活しながら盗みを繰り返していた。

 元大工だけあり、狙いを定めるのは「間取りがわかりやすい」というお寺の庫裏と農家風の家。真っ黒な服を着て闇に紛れ、室内犬がいたり、物音がすれば飛び出して逃げるなど慎重さも際立っていた。
犯行前後に職務質問されたことは一度もないという。

 気に入らない取調官には一切口を聞かなかったが、今回は27歳の捜査員に引退を口にした。
逮捕から約1か月半後には、未遂を含む60件の忍び込みなどを自供。
同署は「息子のような年の捜査員の熱意に心が動いたのでは」とみている。

 初公判は3日、水戸地裁下妻支部で行われ、須貝被告は起訴事実を認め、検察側は懲役3年を求刑し結審した。
( 6月4日読売新聞より引用)

なんか刑事ドラマのようなストーリーですよね。
「忍込み」とは、家人が家にいるのにも係わらず、そっと侵入する侵入窃盗の手口です。
「空き巣」が無人時に行うのに対し、有人時に行いますから、「音を立てず」「目立たず」といった方法を取ります。
元刑事さんに聞いた話では、「寝ている人の呼吸に合わせると気づかれない」とか。
いずれにしても、途中で誰かが目を覚まし、ばったり・・といった可能性もある、侵入される側からするとありがたくない泥棒です。

「忍込み」は平成21年17,443件発生しています。「空き巣」が59,213件です。
住宅対象の侵入窃盗は81,436件ですので忍込み21.4%、空き巣72.7%です。
どちらも、建物の中に侵入されると、もし何も盗まれなかったとしてもまず気持ち悪いし、怖いし、その家にそのまま住むのが嫌で引越ししたという人もいる程ですので、被害に遭わないための防犯対策を行うことをお勧めします。


07.12.18

金持ちになるには泥棒に学びなさい


※こういうのも出来ますよというノリで書いてみます

多分このテキストを読んでいる人は金持ちになりたいのでしょう
では簡単な適正検査をします

「泥棒と金持ちは似ている」

はい、このフレーズを読んでどう思いましたか
多くの人が「バカじゃないの」とか「そんなの当然だろ」とか色んな事を考えた事でしょう
そしてそういう何となく経験に基づいた先入観で物事を判断しているアナタ
泥棒の才能はありません
それと同時に金持ちになる才能もありません

さらにここまでを読んで「他人のオマエに何が判るんだ」と感情的になったアナタ
残念ながら絶望的です
狩猟時代ならいざしらず現代において挑発で暑くなるタイプの人は成功しません
より正確に言えば偶然金持ちになれたとしてもその後で誰かにごっそり持って行かれて終わる事でしょう
自分でも説明の出来ない先入観は害悪でしか無い


さて、ここまででブラウザを閉じてしまわないだけの冷静さを持ったアナタといましばらく会話を続けましょう
聡明な閲覧者様はだいたい私が何を言わんとしているかは想像が付いている事でしょう
一般に先入観を棄てる事は不可能ですが
自分で説明が出来ない先入観は物事を実現する時にはほとんど妨げにしかなりません

そもそも金持ちと泥棒は全く別の概念です
・金持ちの泥棒
・貧乏な泥棒
・金持ちで泥棒で無い人
・貧乏で泥棒で無い人
全て存在している事でしょう
全ての人の頭の中までは判りませんが

・金持ち=犯罪をしていない普通の人
・泥棒=悪人

みたいな図式が成り立っていると金持ちと泥棒が似ていると言われると反発してしまうのでしょう

回りくどい説明をしてしまいましたが
物事の本質などと言うと大袈裟ですが
どうでもいい部分に惑わされていると泥棒にも金持ちにもなれませんよという事です

では何がどうでも良くて何がどうでも良く無いのかですが
自分で検証をしていない曖昧な情報はどうでも良い事で
自分の頭と足を使って身に付けた情報はどうでも良く無い事です

ここで先回りして言い訳をしておくと
このテキストも自分で検証していない曖昧な情報になる可能性は大いにあります
「ふーん」で終わるならばこの先を読む必要はありません

このテキストは今テキトーに書いているだけなので理論なんて大袈裟なモノではありませんが
どんな凄い理論であっても鵜呑みにして丸暗記しただけでは応用が効きません
本を読むとか人と話すとかネットで検索するとか何でもいいんですが
自分では使え無い理論を学んでいても実用性はありません

極論ですが自分で検証の出来ない情報は信じるしかありません
そして他人を無根拠に信じる人は多分泥棒にも金持ちにもなれません
誤解しないで頂きたいのは自分は金持ちになれなくても金持ちの友人は作れるかもしれないという事です
「それで十分だよ」という人はこんなしょうもないテキストを読んでないで
とっとといい笑顔で人と接する技術か何かを学んで下さい

泥棒は当然犯罪なんですが
泥棒をする人は自分以外頼りに出来ませんのでそこに学ぶ所があるんじゃないかなというだけの話です
おっとこれも誤解させない様に注意しておきますが
自分で確かめるために実際に泥棒をしていては駄目ですよ
もちろんどうでもいい他人をけしかけて泥棒をさせるのも駄目です
そんな短絡的な行動に出なくても幸いにも犯罪に関する情報は調べれば手に入ります

当たり前過ぎて書くのも馬鹿馬鹿しいのですが
一般に理論と実践は違いますが
金持ちになるための手段として泥棒をしては駄目です
じゃあ泥棒をするスリルが目的ならいいのかと尋ねられると困るんですが
その程度のスリルなら他にいくらでもあるので全くオススメしませんよという程度で止めておきます
と言うか泥棒について考えるのと泥棒をするのは別ですから
犯罪を奨励しているとか思わないで下さいね
泥棒に学ぶべき事


さて、では具体的に金持ちになるために泥棒に学ぶべき所は何なのかをさっさと書いてしまいましょう

しかしここでついつい「注意深い」とか「無理をしない」とかダラダラと列挙していても効率が悪そうです
よって過程は省略しまして
いきなり以下にまとめてしまいます

・無駄な事はしない
・無駄な事も考え無い
・必要な事は丁寧に行なう
・判断が速やかで大きく間違えない状態を保つ


これぐらいでしょうか

敢えて補足するならば
世間の評価とか他人がどうなるかとかは考える必要がありますが
それは自分が泥棒をした事が判らない様にするための配慮として考えるべき事であって
無制限に考えても無駄ですし全く考慮しないというのもリスクが増すだけでメリットがありません
簡単に言えば目撃者が犬や猫であるならばそれは多分証拠にはならないので
もっと言えば自分を捕まえる能力の無い人や他人に明かさないと判っている人に目撃される事を考慮するのは無駄という事になるのでしょう
小説やドラマだとそこから名探偵が犯人を捕まえる訳ですが
あくまで泥棒の目的は泥棒行為であって完全犯罪ではありません

ここでスポーツを例に出すと誤解されてしまいそうですが
ノーヒットノーランとか無失点ゴールキーパーとかは試合の勝利の過程として成立すべき内容であって
可能ならば実現すべき内容であってそうしないといけないという類のモノでは無いハズです

ついでにさらにまとめてしまえば
「無駄を省き準備には繊細な配慮を行い行動は大胆に行なう」
とかそんな感じでしょうか

ちなみに蛇足ですが
自分の成果を誇らしげに周囲に喋るのは無駄としか表現しようがありません
「金持ちは泥棒と違うのだから自慢してもいいじゃないか」と言う意見もあると思いますが
一般に泥棒がターゲットにするのは金持ちでしょう
つまり相手が泥棒では無いという確実な根拠が無ければ何も語るべきでは無いのです
金持ちの心理を読む泥棒


最初に意図した雰囲気とはちょっとズレてしまったので
別項目でフォローしますと
泥棒と金持ちが同一人物である必然性はありませんが
泥棒は金持ちが何を考えているかをよく知っているハズです

・どこに何を隠しているのか
・何時が一番利益が大きいのか
・何時が危険なのか
・何をどうやって稼いでいるのか

これらを鑑定して泥棒に入るハズです
費用対効果と言う表現は不適切ですが
利益が100万円なのに経費が99万円では効率が悪いですが
利益が1億円なら経費に9000万円掛かっても構わないハズです

教訓めいた感じになりますが
泥棒は目撃者が居ない前提ですからそのノウハウも漏洩し難いですが
金持ちになるには誰かに常に見られている訳でその意味では泥棒よりも細心の注意を払うべきです

金を稼ぐ事は賎しい行為などと言うつもりはありませんが
泥棒の如く孤独な状況になる覚悟が必要でしょう
少なくとも軽薄なサイドビジネス本に遣われる「誰でも出来る」では無いハズです
とくに言及したいのは稼いでから後の方が重要なハズでして
金持ちになったけど直後に貧乏になったり他人を信じられなくなって健康を害したのでは本末転倒です

人には器というモノがあります
器の大きさは固定では無いですが器を変えなければ水は溢れてしまいます
泥棒が成功したとしても今まで貧乏だった人が急に贅沢をすれば周囲から疑われるかもしれません
すると泥棒をする前に金持ちになって当然という評判を作らないといけなくなります

さてここらでオチに行きましょう

「泥棒になるには金持ちに学びなさい」


泥棒に学ぶ
Posted by suetake 2012年5月29日
タイトルを見て、

「何ー、そんなことがあるものかー」

と思われるかもしれませんが、とにかく全部読んでみてください。

【泥棒に以下の七つを学ぶことができる。

彼は、夜遅くまで仕事をする。

彼は、自分の目標がその日の夜で遂げなかったら、翌日の夜にまたチャレンジする。

彼は、一緒に仕事する同僚のすべての行動を自分自身の仕事と考える。

彼は、少ない所得にも命をかける。

彼は、価値あるものに執着せず、格安でお金と交換することもできる。

彼は、試練と危機にも耐えられる。

これらは、彼には何事でもない。

彼は、自分の仕事にベストを尽くすし、自分が今、何をしているかよく知っている。】

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これは、ユダヤ教神秘主義者のラッピ・ジュシアの箴言(しんげん)詩です。

内容に納得されましたか。