読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

古代中国の栄華と日本の系図偽造史まとめ


スポンサーリンク

北京で古墳群発見、「朝鮮県」からの墓の主人も―中国
配信日時:2015年3月19日(木) 7時36分
FXで儲かる人、破産する人 ? money-trade.jp
9割がボロ負けするシビアな投資の世界で大損する人の意外な共通点とは
Ads by Yahoo! JAPAN

画像ID 459399
写真を大きなサイズで!

16日、北京市文物局は北京市大興区で後漢から遼金の時期にかけての古墳群、合計129カ所を発見したと明らかにした。
2015年3月18日、新京報によると、北京市文物局は16日、北京市大興区で後漢から遼金の時期にかけての古墳群、合計129カ所を発見したと明らかにした。これらの古墳は発掘数の多さや年代の幅、古墳の保存状態のよさなどで最近の北京地区の考古においては珍しいものとなる。目下、古墳54カ所がまだ発掘されていないが、5月末から6月初めには発掘作業が完了する見通しだ。

【そのほかの写真】

北朝古墳からは銘文の刻まれたレンガが出土し、墓の主人が「韓顕度」という名前で、本籍は楽浪郡朝鮮県、元象2年(539年)に埋葬されたことが刻まれている。墓の主人の本籍の楽浪郡前漢の漢武帝が現在の朝鮮半島に設置した四つの郡の一つで、現在の北朝鮮・平壤に位置する。

衛氏朝鮮の遺民がなぜ大興に埋葬されているのだろう?史料の記載によると、北魏の太武帝拓跋▲(▲=寿にれっか)が北方統一の途中、「朝鮮の民を肥如へ移し、朝鮮県を再び置いた」という人口移住を行っていた。肥如は現在の秦皇島市に位置し、県には現在の昌黎、盧竜南部、西部、遷安県一帯が含まれる。朝鮮県は現在の盧竜県東部にあり、北京に近い。

これら朝鮮人移民は中国に移った後、自分の本籍を残していた。東魏の時代になって●城(●=業におおざと、現在の河北省臨◆県、◆=さんずいに章)に都が移り、北京の大興は北方住民が南下して首都・●城へ行く際に必ず通る場所となったため、東魏時期の古墳が発見されるのも自然の流れとなる。(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/武藤)

 

330年前に水没した「東洋のポンペイ」、考古学者らが出土品を調査―江蘇省淮安市
配信日時:2014年12月22日(月) 18時6分
借金800万、FXで億を稼いだ ? money-trade.jp
スーパートレーダーが教えるFX攻略法テクニカル分析はコレだけで勝てます…
Ads by Yahoo! JAPAN

画像ID 447831
写真を大きなサイズで!

19日、330年あまり前に豪雨で水没した都市・泗州城の遺跡で、考古学者らが出土した貴重な文化財の調査を行った。
2014年12月19日、330年あまり前に豪雨で水没した都市・泗州城の遺跡で、考古学者らが出土した貴重な文化財の調査を行った。北京晨報が伝えた。

【そのほかの写真】

泗州城は、火砕流によって地中に埋もれた古代都市・ポンペイになぞらえて「東洋のポンペイ」と呼ばれる。南京博物院考古所が3年余り前から発掘作業を行い、多くの文化財が出土している。

北周時代に建設された泗州城は、隋代に戦乱で破壊され、唐代に再建。淮河下流の水運の中心地で、「水陸の都会」と呼ばれた。

1000年にわたって栄えた泗州城は、清の康熙19年(1680年)、70日余り続いた豪雨により水没、地図から姿を消した。(翻訳・編集/NY)


明治時代に家系図の偽造がはやったそうですが、これもその類のようなもので、先祖が適当に作ったものと思っています。
なお、江戸時代の先祖は槍の師範をやっていたそうです。
これは、槍の使い方について書かれた巻物みたいなやつ(文字は何を書いているかわからないが絵でわかる)と古い槍が残っているので多分本当だと思います。


光秀の「歴史」は、すべて秀吉の捏造だった!嘘だらけの「本能寺の変

 

歴史好きな人からしたら、何をいまさらこんなネタって思いますよね。
明智光秀の子孫が書いた『本能寺の変431年目の真実』(文芸社文庫)が、発売から1年4カ月が経過してもなお売れ続け、27万部を突破する驚異的な売れ行きを見せている。
という背景から再び出てきた話題のようです。この人が書く前から歴史研究家によって言われていたことで一緒です。

1つだけ言わせて下さい。明智光秀は優しさと正義の心を持った賢人であり、死後多くの寺で神様として祀られてる人です。単なる裏切り者の象徴みたいなくくりで歴史教科書では教えてますが違いますから。そもそも信長の属領扱いの家康が元主君信長を暗殺した光秀を寺に神様として祀らせることは非常に危険行為で本来許す道理がありません。そこには明らかに裏、密約があったと見て良いと思います。そして天海こそ光秀だという説もあります。
企ては突発的で無計画、しかも単独犯行だった
明智光秀本能寺の変の前に唄ったとされる「時は今 雨が下しる 五月哉」
時は自分の生まれの土岐氏とかかっていて、雨がしたたるは暴君信長の天下を倒して治めるという意味だと言われています。
光秀は変遷が謎なインテリだけど、ヒステリータイプではないです。信長配下で後から入ってきてもの凄い勢いで出世してきた天才肌です。しかも当時珍しいと言われた鉄砲技術に関しても知識とコネを持っていたとされて重宝されてきたのが光秀です。そして本能寺の前にこんな唄を唄う人がリスク背負って突発的に謀反起こすとも思えませんし、野武士が取ったとされる光秀の首も顔の原型が留めていなくて判別つかなかったと言われてる点や、1週間で四国から都合良く秀吉が戻ってきて、しかも倒されるのも違和感ありまくりです。

【??/チョッポ/族譜】
我々の家系図にあたる、ポングァンの先祖代々の記録は??/チョッポ/族譜と呼ばれる。大きな書店では製本されて普通に販売されている。
表向き“男尊”なので、近年まで女性の名前はチョッポには掲載されなかった。
ポングァンに基づく一族意識も厳格で、ポングァンが同じ男女の結婚は90年代まで許されていなかったほどだ。男女間でポングァンのチェックにうるさかった所以だ。
チョッポの起源は、李朝時代の貴族階級??/ヤンバン/両班の家系の正統性を示す公的文書だ。大半は16世紀後半の豊臣秀吉朝鮮出兵焦土化作戦で焼失してしまっている。
チョッポの消失は当時の社会に大混乱を招いた。人口の3%ほどしかいなかったヤンバン階級が、李朝末期には人口の40%を占めていたらしい。奇跡的にも戦火を免れたチョッポ以外に、火事場泥棒的に勝手にヤンバンを名乗る偽ヤンバンの手による“偽造チョッポ”が巷に溢れたのだ。貴族なのに役所勤めもできずにフラフラしている怪しい支配階級は20世紀初頭まで韓国中に溢れていたのだ。
チョッポをそれらしく作って販売する偽造ブローカーがいたようだ。自分たちを名門一族とするための偽造家系図を好んで作った明治維新直後の日本人(特にいきなり特権階層になって慌てた華族・士族階級)と、新たな特権階層相手にひと儲けしていた家系図偽造ブローカーの関係に似ている。
我が国の偽造家系図の真偽がわからなくなっているのと同様、今となっては誰も偽造チョッポを見破ることはできない。正統性を問えばキリはない。チョッポに関して他人が口を挟むのは無礼に値する。我々が家系図にいちゃもんをつけるのと同じだ。
チョッポは一族を結びつける根拠として、我々の家系図以上に機能している。


明治時代にはよく家系図偽装があった


815年「新撰氏姓録」なる系譜偽造書が作られ、百済系貴族が天つ神の系譜に編入された。

820年頃 天つ神系貴族、太安万侶の子孫の多人長が「日本書紀私記」の序文に、
「新撰氏姓録」への批判を加える。
また、初めて古事記の存在が明らかにされたのはこれ以降の事である。

このようにして、藤原氏は政治の実権を握り、古くからの天つ神系貴族を和歌を詠むだけの名誉職のような立場に追いやっていた。

この百済・天智系=藤原氏の支配を揺るがしたのは、宇多天皇菅原道真だった。

それも偶然による。
清和天皇の皇子・陽成天皇は9歳で即位したけれど、18歳になると、摂政・藤原基経と対立するようになり、逆に圧力をかけられて退位するはめになった。悪逆の天皇という事になっているけれど、それは藤原氏による誹謗中傷に過ぎない可能性も高い。

 

日本の先祖探しは、家紋や過去帳からでは探すことはできません。寺院の過去帳でも、手掛かりとなる苗字の記載が無いので探すことはできません。運よく探すことができる家系でもせいぜい寺請制度、寺檀制度の以降のことです。
武士の家系でも古い家系を除けば、戦国末期までがせいぜいです。

武士の構成比は4%未満です。明治維新は、官軍の主流であった薩・長・土・肥の連合軍せいぜい800,000人(人口比0.24%)の勢力が起こした軍事クーデターでした。
日本の夜明けは極少数の人々によって達成されたことになります。いつの時代でも、国家の体制は極少数の「目覚めた」人々の手によって握られているのでしょうか。

系図」と「家伝記」に注目し、「系図」や「家伝記」がどのような目的で作成され、家に相伝さ. れてきた ...... 中国においても、特に戦乱の後は、全てではないもののあちこちの系図と繋げて偽造するよう ... ②明治維新後も、同様に家伝書や系図を利用した者もいた。

>KUBO様
赤坂恒明先生のホームページに興味深い論文が掲載されていました。
それは源経基の出自は陽成天皇では無く、やはり清和天皇であると言う物です。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/3312/seiwa/seiwa.html
周知の通り、明治以降、源経基の出自は清和天皇では無く陽成天皇であると言う考えが広まり、一時期、学会ではそれが定説となりました。奥富敬之氏の『清和源氏の全家系』でもその説が受け入れられています。
しかし、赤坂先生はそれは間違いであると述べられています。そして根拠となる源頼信の文書に掲載されてる系図も実は偽造であるとも述べられております。
最も、その点については宝賀先生のホームページでも既に述べられています。そして宝賀先生も源経基の出自はやはり清和天皇であると述べられています。
系図の偽造は戦国時代以前にも有ったんですね。


20-4.続・大室寅之祐明治天皇)の出自と近代皇室について -「萩」へマンジュウつくりに行ってくる-(2002.12.8)
本文へ戻る 前のページ 次のページ

以下に記すものは、ある情報提供者「G氏」が、私に対して匿名条件にホームページへの公表・掲載を希望してきたものです。先回同様、今回も私は以下の内容について一切検証せず、「G氏」の文章をそのまま掲載しており、内容の真偽等については、読者の皆さん一人一人の判断に委ねたいと思っています。尚、以下の文章は、私の筆によるものではありませんので、ご質問には一切お答え致しかねますし、ご批判の類に対しても一切の責を負いかねます事を予め表明させて頂きます。

竹下義朗
◆大室家誕生秘話 (田布施町のタブー)
 <地家─大室─橋本>
大室家の家系図の始まりは、後醍醐天皇の玄孫である光親親王が1400年に田布施町の麻郷に亡命した。
これがステップ1。
時代と共に系図は偽造されて行くもので、近祐の代で大室家23代??? ひろひとの代で124代。と言う具合で其処迄行けば恐れ入るが。。。
さて真相は、明治天皇が明治32年に作らせた家系図に依ると(2chにカミングアウトされた方の情報)大室家の初代は家康が死亡した年に亡くなっている。大室寅之祐は、其処から17代目??か??(明治天皇維新の真相を明治32年時点の権力で公開しようとしたが、結局その努力は怠った。) ただ、初代は「大室」と言う苗字では無くて「麻郷」と言う苗字であった。(本当は苗字なんて無くて広義の「麻郷」村民と言う意味なのか??)
で、此処迄がステップ2。
文政時代「大室●●●」(下の名前は分からない)の「大」「室」の二文字が墨で塗りつぶされていた。太陽に透かしたら読める程度。つまり大室中興の初代は文政?年に亡くなった事が分かった。つまり墨で塗り潰す=タブーである事が推測出来る。大室中興の初代は1800年プラスマイナス10年(1790~1810頃?) 麻郷大室に家を建てたのでは無いか??? 1800年頃、大室中興の初代は40歳位だったか?? 大室中興の初代某が文政時代に死去。この頃、頼山陽が大室の家系図を整備した。(うちのGさんによる)
で、この間解決さんが言ってた、
大室又兵衛。寛政元年(1789)三月二十九日生まれ は大室中興家の2代目では無いだろうか??(この人は麻郷村) そして、大室又兵衛の弟が「萩」に移住し萩大室家分家を作ったのではないのか??
■■大室家の養子となる。(■■←判読出来ず)←この事は萩大室分家なのか???
さて萩大室分家の方は後醍醐天皇の息子、満良親王(萩)を初代に仰ぐ家系図を作って貰い、麻郷大室本家2代大室又兵衛の方は光親親王を初代と仰ぐ家系図を同時期に作って貰ったのでは無いか?? その後、天保時代に麻郷の大室館は徳川家の柳生忍者やかたに取り囲まれ幕府に警戒されていたから、この頃は既に幕府を倒す下地が大室家に出来上がっていたか??(つまり徳川幕府の公安に大室家は革命家危険分子としてマークされていたと言う事か??) その頃、萩大室分家の方は子供が出来無かったから、大室又兵衛の子、大室弥兵衛3代の弟、少年大室惣兵衛を萩大室家の養子にしたのが以下

大室家3代目大室弥兵衛の壬申戸籍より(鹿島昇氏コピー)
戸主 大室弥兵衛 生年月日 文化十(1813)年六月十四日
大室惣兵衛? 文政八年(1825)九月二十■日生まれ (■←判読出来ず)
天保八年(1837)■■大室家の養子となる。(■■←判読出来ず)
満良親王(1330?~1383?)
花園宮。
母親は一条氏?
京都、高野山、吉野、熊野を経て四国へ。1340年代に後崇徳帝として即位?(白峰神社文書)
更に四国から周防に渡るも、その後の消息は不明。
周防で死去。
出家して福州(中国福建省)に渡り、帰国後、吉野で死去。
吉田松蔭は始め、萩大室家の(満良親王系)大室惣兵衛の息子、大室虎助を玉にしようとしたのでは?
田布施町と萩では距離あり過ぎ。
(慶応3年10月に新撰組に斬り殺された方??)
(当時16←勿論、カゾエであろう)
(つまり京都明治天皇と同じ年)

田中光顕が三浦天皇に語った[萩]生れの玉とは虎助の方では?? これなら田中が「吉田松蔭を中心とした革命家が南朝「満良」親王系の明治天皇とすり替わった」と語っているし、京都睦仁明治天皇と同じ年だから辻褄が合う。(田中は京都明治天皇と新東京明治天皇は同じ年と言っている) 寅之祐は1850年1月10日生れの筈だ。
 ↓ 大室虎助ソース
新撰組が長州の不良力士達を殺害する事件があったのは慶応3年10月29日。沖田総司が殺害した力士の中に大室虎助(16)の名前があった。
下鴨神社蔵の『神楽勧請録』の慶応3年の記録には、
「大室虎助 (中略) 等、同年10月29日、新撰組ガ為二被害」
とあり、新撰組側の記録にも、
「(慶応3年11月)先日、長州の不逞力士5人を誅す、残党なお洛中に潜する無し」
(『慶応洛中日記』・『会藩新兵余話』・『新撰組遺事』等)
とある。
※その後、大室寅吉(寅之祐)は新撰組に斬り殺された、と言う事になっていと。
↑ は勘違い

麻郷大室本家の方は(光親親王系)大室弥兵衛(3代目)が1854年下旬(10月?)頃にスヘと結婚。1年後、大室弥兵衛とスへ(24)の間に大室寅助(1855年11月頃~1857年6月22日)が生まれたが直後、スヘが産後のひだち悪く肺結核で死亡。(西円寺池で入水自殺か?大室近祐説?) その後、大室弥兵衛と文右衛門の娘ハナ(1815年12月5日生まれ 当時 40歳?)が再婚したが、寅助(大室4代)の方は2歳弱で病死。文政時代に初代大室家当主が死去してから4代目と思われる大室寅助死去により大室家断絶。
すこし長いがここまでがステップ3

ここから先がステップ4の地家作蔵大室家
苗字も無い作蔵と興正寺基子(SUEKO)=スヘ(1831年5月1日~1855年11月20日)が結婚した年は、1846年5月頃でスヘ15歳の時である。だから、1845年頃迄には興正寺昭顥(照景?)とスヘが田布施麻郷西円寺に京都浄土真宗興正派興正寺から来てないといけない。(スヘは興正派門主一族の娘) 作蔵(1824年?~1887年5月頃?)と結婚し、1年後、スヘ16歳の5月頃、長女(1847年4月14日生まれ)を出産した。1850年1月10日(戸籍では庄吉の誕生日になっている)に寅吉(普段使う通名は虎吉、後の大室寅之祐)を出産。この頃(1849年頃)作蔵が西円寺の東隣の麻郷地家に家を建てる。だから地家の地名を苗字にした。(地家とは、そもそも村の中心地と言う意味)
1852年12月8日(戸籍では寅助の誕生日になっている)庄吉(通名は省吉)出産。
1854年2月29日に三男X平出産。(俺の高祖父)
>>その後、1854年初頭(5月頃?)に作蔵とスヘが離婚。長男寅吉、次男庄吉をスヘが引き取り、多分、西円寺の実家?へ戻る。大谷(興正寺)昭顥(照景?)の家か?? (京都には帰ってないであろう)
1854年下旬(10月?)、独身の大室弥兵衛(41)とスヘ結婚。大室寅吉、大室庄吉となる。で、大室寅吉が後の大室寅之祐となる人物。
1863年7月、寅吉は奇兵隊に参加。ここからが彼の出世の始まり。 この頃、既に伊藤博文が大室家によく立ち寄っていたと言うし、1863年時点で吉田松蔭は亡くなっていた。1866年7月頃、寅吉は、
「萩にマンジュウつくりにいってくる」
と言ったきり行方知れずになる。
1866年1月時点で大室寅吉(寅之祐)は力士隊を卒業していたとある人は言う。

◆寅吉が行方知れずになってから(情報)
山口県萩市の萩八幡宮の「延命寺燈篭」には、
「万治参年・・・大室寅助」
の名前が刻まれている。ただ、万治3年と言う年は本来存在しない。計算上は慶応3年と言う事になるが。西円寺にも「延命寺石灯篭」あったで。
>>万治(慶応)3年は西暦1867年に該当。
1867年3月~4月頃、寅吉は寅助と名前を変え、京に上洛したと推測する。 そして、大室寅吉(通名虎吉)→寅助は1867年10月名前を大室寅之祐と変えて、芸者に扮して麻郷に帰って来るのである。それが、
「大室虎吉改め大室寅之祐が芸者連れて麻郷に帰ってきて・・」
と書かれた例の木簡が出てきた話に通じる。
通史にある王政復古の大号令(1867年12月9日)とは、勿論、京都での話では無い。田布施町の麻郷の高松八幡宮の話で今でも三条実美の七公卿が滞在したと言われる石碑がひっそりと残っている。午後の小御所会議とは、勿論、麻郷の事で京都の話では無い。
その後、寅之祐は再度上洛。(薩長軍を率いて) 慶応4年1月3日、鳥羽・伏見の戦いで勝利。1月8日、慶喜大坂城を明け渡す。慶応4年1月15日からの明治天皇の伝記については、ドナルド=キーン氏『明治天皇』上巻に詳しい。
※※吉田松蔭は始め、大室虎助を明治天皇にしようとしたのではないか?と書いた。と言うのも、庄吉も寅吉(後の寅之祐)も作蔵の子で大室家の血統では無いから。寅吉は虎助より2歳年齢が上だから先に出世したのではないのか? いや大室本家(田布施町 光親親王家系)を寅吉が継いだからか??
吉田松蔭の死後、伊藤博文田布施の大室家によく遊びに来る様になったが(1863頃)、寅吉(寅之祐)が奇兵隊に所属して鍛え始めたのもこの頃であるし。
松蔭の死後だから高杉、木戸、伊藤あたりは寅吉の存在は知っていたとしても吉田松蔭はまだ漠然と麻郷あたりに南朝大室家が存在する、位しか思っていなかったのかも。
※田中光顕が明治天皇がどうして「萩」で『生まれた』と勘違いしたのか気になったから書いたけど。

◆大室庄吉(寅之祐の弟)について
ソース
(大室寅介とは庄吉の事で、寅介の名前で奇兵隊に参加) 京都の上賀茂神社って知っているでしょ。毎年9月9日に烏祭(からすまつり)ってのがあるのだけれどさ、このお祭りで奉納相撲が行われるのだけれど、この奉納相撲の記録ってのが残っているんだ。(記録って言っても寛政4年以前は残っていない) この記録には、慶応2年(1866年)の奉納相撲の出場者の中に、
「村岡権七、名和小一郎、天野才五、西沢半次・・・・」
って続くんだけど、その中に、「大室寅介」と言う名前があったぞい!
大室庄吉(近祐氏の祖父)が奇兵隊所属の力士隊に大室寅介(寅介)と言う名前で参加しており、明治維新後、奇兵隊の残党として下関宰相に投獄されていた事が判明。(『萩東照宮文書』)

さて、庄吉の娘ヨネの子が橋本龍伍で龍伍の息子が龍太郎だが、腹違いの弟、大二郎の母、若宮正の実の母も大室家出身という話を聞いたのだが、正の母は庄吉の娘大室ツネであろうか????


Q16.系図の偽造手法について?
A16.系図の偽造手法も様々だが、江戸時代の偽系図の大家である沢田源内が用いた手法が典型的である。
 甲、乙、丙と続く実在の系図にAという架空の人物を立て、B、C、Dの架空の三代を挟み込み、この後に実在する人物のEを繋ぐのが常套手段である。
 沢田源内は大胆にも六角佐々木氏正系を無視して高頼の長子を氏綱と偽り、架空の三代を立てて偽作している。
 また、母方の和田氏も氏綱の末弟高成の裔として佐々木系図に加筆偽造を施している。
 江戸時代はこの手の系図が広く流布され、旧家所蔵系図や公刊系図集などにも多く見られる現象である。


神主家の系図(『沼隈郡誌』収録)は神社縁起に記載された田盛庄司を祖先として60代にも及ぶ当主名を記述しているようだが、それは一見しただけで判るような偽文書(制作者は状況証拠を積み上げるまでもなく間違いなく「田盛庄司60世孫」を自称した保平知義(墓誌参照のこと:月俸3石で士分格に取り立てられ、善行によってしばしば藩府から表彰された。このことは遠藤弁蔵の慰撫政策が河本家では名誉なことだと受け止められていたことを示唆しよう)だろ)。社名変更と神主家の系図偽造とはほぼ同じ時代に行われたことだが、60代前の先祖(白鳳期の人物名)が田盛庄司安邦であったとするに至っては滑稽さを通り越して呆れてしまう。白鳳の人物として河本家祖先田盛庄司安邦を縁起に記載した手前、辻褄を合わせるために白鳳期までの1200年間÷20年という計算をし、近世における河本家の期待の星だったというか河本家系図を書き換えた河本保平知義をもって第六十代当主ということに多分息子の河本四郎左衛門眉旨がしたものだろ。それもこれもすべては無知がなさしめた業(or 江戸後期のことだから「神のお告げ」という堕落した方法に頼っていたかも)。しかし、わたしとしては己の無知を棚に上げてこれら過去の人たちの無知だけ一方的に非難するという気にも余りなれないし、自己のプライドの問題としては可能な限り史実に関しては謙虚さを失いたくないと改めて考えているところだが、時として解釈の快楽に浸る自分自身に気付きハッとさせられることがある。

ここでは江戸後期以後の国学神道運動そして明治維新後の政府の神社政策の下で密かに進められた神社の社格引き上げ運動の顛末の一端を話題紹介したものだが、神さんの問題に関しては記紀神話の「高島宮」の一件もそうであったが、なかなか科学的思考には馴染まない部分が多い。
まあ、所在不明となった『神名帳』所載の「沼隈郡高諸(たかもろの)社」の神さんを剣大明神に「勧請」し、それがお祀りされているのだと善意に解釈してわたしとしてはここで一旦閣筆したい