読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

亀井静香が語る日本人の堕落


スポンサーリンク

改憲派亀井静香が説く 「今の日本人に憲法改正の資格なし」

運輸大臣建設大臣を歴任し、自民党政調会長も務めた亀井静香衆院議員(78)は、バリバリの改憲派だ。ところが、今の日本人には、その資格がないと説く。自民党の中枢にいながら、自説を貫いて離党した保守政治家の主張はクリアだ。

 今の憲法が米国の占領政策で作られたものであるのは明々白々です。

 もちろん、いい面もありますよ。基本的人権の尊重とか平和主義とか、明治憲法にない思想を明確に規定していますからね。日本にも、そんな精神がなかったわけじゃない。ただ、薩長が権力を行使しやすくするために作った旧憲法には盛り込まれなかったんです。

 それでも、現在の憲法は改正すべきなんです。英文を日本語に訳しただけだから、日本人の精神性が織り込まれていない。民族の魂がこもっていない基本法なんて、あってはならないんです。日本人はみんなで相談し、みんなで助け合って生きてきた。そうした日本人の本来の暮らし方、考え方を反映した憲法を作る必要があるんです。

 ただし、今の我々には憲法を作り変える資格はありません。今の日本人は、人間としての最低の気持ちを忘れかけています。カネよカネよ、で自分のことばかり。性根が腐っている。そんな我々が、子々孫々に対して「これが国家の基本だ」「国家のありようはこうだ」と提示するなんてとんでもないこと。健全な日本人の心を取り戻した上でやるべきなんです。

 憲法改正のための集会で、中曽根元総理平沼赳夫さんの目の前でも、同じことを言いました。不思議なことに、ヤジひとつ出なかった。みんな分かっているんです。

解釈改憲憲政の常道を外れている

 ところが、今また急に憲法改正が出てきた。それも、「普通の国にならないと国際社会で生きていけない」という理屈からです。自衛隊を外国に出して、米国やほかの国と一緒に戦争をやるのが普通の国だと。安倍総理もそういう立場に立っちゃっている。

 日本は、普通の国じゃないんですよ。外国に自衛隊を出して戦争はしないんです。それを国是としている。世界と平和的に協調するのが、本来の日本人の姿。普通の国になるのを後押ししている新聞の世論調査を見ても、海外での戦争は「ノー」ですよ。そんな声も無視して、「普通の国になりたい」と言うような人に、憲法改正を提示する資格はないんです。

 まして憲法改正の手続きを抜きにして、解釈改憲でやっていこうとするなんてのは、憲政の常道を外れています。人間はワニやサメを制御できません。浅瀬ばかりを通ってルビコン川を渡ろうとしても、襲われるときは襲われる。自衛隊を外国に送り出せば、戦死者や傷病者が出るんです。内閣が危ない道を選択するというのなら、当然、国民の意思を問わなければならない。内閣の見解だけで法律もどんどん作ってしまえというのは、子供が考えてもおかしな話でしょう。

 今のようなやり方には自民党の議員も賛成できないはずですよ。でも、機嫌を損ねると大臣や副大臣になれないから黙っている。声を上げているのは、村上誠一郎さんぐらいですよ。みんな選挙で公認をもらえなくなるのを恐れている。度胸がないんです。

 国民も鈍感ですね。五寸釘をばんばん打たれているのに、マスコミが「ハリ治療」と報じるもんだから、いつ効いてくるのかとのんきに構えている。心臓にズドンと突っ込まれない限り、気がつかないんでしょう。徴兵制で連れて行かれ、戦死する直前にならないと、目が覚めないのかもしれないですね。

 ひどい未来は決して歓迎できません。でも、そんな状況になれば、ようやく日本人も立ち直るはず。まともに戻る時代がやってくるでしょう。それまでは憲法を改正すべきじゃないんですよ。


シュタイナー神秘学さんの卓見

日本の指導者がダメなのは、権威にすがるものは、権威そのものになることはできない、ということを、理解していないからである。権威の奴隷になれば、権威になることを諦めなければならない。

 他人の価値観ではなく、自分独自の価値観をもつべきなのである。

 つまり、他人の基準の奴隷となり、新しい創造を忘れたものは、消えゆく運命なのである。

 思考を、現実の進行に沿ってかえていかねばならない。

 現実の進行方向とは、弱者救済であり、それが宇宙や神の御業だからである。

 神の意図がわかる者なら、未来はその者のためにある。

 だから、権威にすがる者は、権威に潰される。

 このような観点から考えるなら、天災は、神の救いと考えられる。

 天災によって命が救われた者は、命の尊さを知り、過酷な現実にも向き合わねばならない。

 また、天災により、この世の生を終えた者は、死を恐れることなく、死に絶望することなく、自他の関わりなく、生命を救おうとしながら、死そのものを受け入れ、次の相応しい転生へと羽ばたいていくことができる。

 現代社会が不安に塗れているのは、死を無と勘違いしていることにある。死を無と捉えている限り、いかに権威にすがろうとも、死を乗り越えていくことはできない。


人類にとって悪しき指導者は、権威により、弱者を抹殺しようとする。

 子供は天の贈り物なので、社会改革に必要な存在である。社会改革には、問題が必要なのだ!

 

 最近は、ツイッターなどで発覚する土下座の強要騒ぎなどをはじめとして、“権威”を濫用しているような光景を目にすることが増えた感じがします。

 目につくのは、店員と顧客のような関係の中で、顧客の側が一方的な主張をする場面ですが、これほど露骨でなくても、ビジネスの場面でも同じような“権威”の嫌な使い方を感じることがあります。

 ある知人の会社でのことですが、堅い業種の某大手有名企業から、すでに合意したはずの契約条件について、契約直前に一方的な変更依頼をしてきたことがありました。「下請けいじめ」「下請けたたき」と言われても仕方がないレベルです。

 もっと日常的なことでは、部下の意志を無視した一方的な指示命令、退職の強要やパワハラのような問題も、“権威”を振りかざすという意味では同じようなことです

 “権威”を振りかざす人から感じることが三つあります。

 お互いの上下関係に敏感であるということ、支配欲が強いということ、そして、本当の意味で自分に自信を持っていないということです。

 自分よりも下と見れば、強い態度を取り、自分よりも上には、媚びたり取り入ろうとしたりします。面従腹背で陰口を言ったりはしますが、直接意見を述べようとはしません。

 人望が不足していて、自分の考えに理解を得る自信がないので、言うことを聞かせるために“権威”に頼ります。「社長が……」「会社が……」など、他人の権威を使って説き伏せようとするのは典型でしょう。

 “権威”を振りかざすことには、様々な理由があると思います。中にはやむを得ない事情もあるでしょう。それは理解した上でも、仕事をする相手として、そういう人を私は絶対に信用しません。“権威”を振りかざす人は、自分の立場を相対で捉えるので、言動や態度が相手によって変わってしまうからです。

 “権威”を振りかざす人は、「Win-Winに鈍感な人」とも言えます。自分中心の相対で物事を判断するので、お互いが良くなるための“Win-Win”への道筋が考えられません。

 “Win-Win”にならない関係でのビジネスは、絶対に成功しないと思います。

 ★         ★         ★

 上の話のクレーマーネトウヨなどを操る連中のパワハラ予備軍で、店員がB層などの被害者洗脳予備軍という感じであろう。いまこの国の問題は、上の話の外国人支配人に近い、両者をとりもち調停する公正な審判のような第三者がいない、ということにある。

 クレームをするにしても、クレームを受けた側がどう感じるかなどを想定しない思いやりのなさを感じられる。たとえ不当な扱いを受けたとしても、その責任の一部は自分側にもある。その視点が欠けると、もはや同じ人間とはいえない獣に陥る。

 権威を利用すれば、権威の奴隷となることは確かで、それでは自分の人生を責任もって生きることにはならない。

日本人の場合は、自らの個性というより、何者かの権威や、属する団体の威光をかりて、自らを表現する傾向がある。○○所属の何何ですといった感じである。西洋人は、名前をいって、何をやっているかという感じである。所属は、二の次という感じが強い。だから、所属団体を変えても御構い無しである。

 もういい加減、集団主義はやめる時代ではないだろうか?

 集団主義というのは、動物と変わらないからである。少なくとも、人間という個性が奪われるからで、芸術性が、育たずに、創造性が生まれないからである。

どうも日本人は悪や不正と徹底的に戦うというよりも、長いものに巻かれろ、というように、強い者や権威に平伏すのを得意としているために、個人主義や自由が育たないようにみえる。この特徴は日本が古くから植民地であったことや現代の米国に対する土下座外交にも現れている。


それは日本人が悪や間違いを隠そうとする習性にあるのではないかと思われる。悪や間違いと正々堂々と戦おうとする気概に乏しいようにみえ、悪や間違いであっても何か権威にすがって長い者に巻かれろという奴隷根性が宿っているようにみえるのである。こういう精神は海外に出てみてはじめて表面化する。

 だから、日本人や日本馬の海外挑戦は日本人を変えるのに、特に日本に自由をもたらすのに格好の機会である。凱旋門やワールドカップは、日本人の奴隷根性を表出化させてくれる。国内では通用していることが海外では通用しないことを明らかにしてくれる。

 例えば、国内では金銭で解決できる問題が海外ではできない。また国内だけで通用する権威も海外では単なるコンプレックスととられることもある。アホ総理などは祖父に対するコンプレックスと思われている。

 動物に有名人の名前をつける人は多いですし、イギリスのメディアも半ば呆れ気味のような感じで報道していました。どうにも、必要以上に権威や地位を拝んで、それに触れる行為を全く許さない方が多いような感じがします。

 *夏放送予定の新しいアニメに「シャーロット」という名前がありますが、それもどうなるやら(苦笑)
・・・・・・・・・

 抜粋終わり

 ネトウヨ・ウヨのいやしい品性がよくわかります。

 ヤンキーですよな、ヤンキー。

 奴らは、権力・権威にはひれ伏して、それを他者にまで強制する。

 そのくせ、同朋の不遇な人には、冷淡である。

 まあ糞らしい反応だ。


どうも昨今のダマスゴミの「日本が世界からいかにも注目されているか」のような洗脳番組のせいで、自意識過剰になっている気がしてならない。この手の番組は、ほとんど日本でしか放映されていない。スコットランドの動物園ならまだしも、英国では辺鄙という意味の極東と呼ばれている日本の動物園で、しかも日本人同士で騒ぐのが滑稽でならないでしょうね。???でしょう。

 おそらく日本人は英国のブランド物を身にまとうことで、つまりモノマネすることで、中身まで英王室の一員にでもなった気持ちなのかもしれないが、それは大きな勘違いで、天狗の証拠で、このクレーマーと同じような根性で、改憲すれば欧米の一員になれたとでも思う単なる自慰行為にみえる。

 日本人の精神はどんどん醜く、低俗になっていく。それはサルの子に対する蔑視に現れている。ダーウインの進化論では、サルがいなければ、人類もなかったはずである。現代科学では、人類は遺伝子的にサルの子といっているのである。

 英米に媚びれば媚びるほど馬鹿にされるのが現実である。媚びない露中が尊敬されているのとは全く逆である。

「長でもないお前がいうな」といわれてしまうのがオチなのに、なぜそれに気づかないのか不思議である。あなた個人の意見を聞きたいのであって、権威の誰それの意見を聞きたいわけではないのに、このような勘違い発言をこの国ではよくみかける。

 例えば、天皇が言ってもいないのに天皇に失礼とか、「お前、天皇じゃないだろ!」とツッコミたくなるような発言である。

 このような権威に取り入り弱者を愚弄する行為は、嫌われるのがオチなのにも関わらず、この国の住人にはこの手の手合いが多い。俗にいうゴマすり野郎が至る所必ずいるから不思議である。


 この人物は、「日本精神」・「日本人的価値観」を持ち出すが、では自分自身はどうなのかと問われれば、言葉巧みに誤魔化し、逃げるだろうから、自分に自分の主張を守らせることすらも全く論外なのだろう。自分を神様か、国民の上に君臨する権威者とのぼせ上がっているのだろう。

 若いときにはこのようなオノボセ状態、いわゆる天狗になるのは誰しもよくあることで、そのようなときに周囲の大人たちが鼻を折ってやらないと、突っ走ってしまい大きな災いを犯すので、この人物というよりも、周囲の大人の問題にも思える。
 
 さて、その「日本精神」・「日本人的価値観」だが、『「徳」とはまさしく「勤勉」「正直」「誠実」「勇気」「謙虚」「滅私奉公」等々といった古来からある「日本人的価値観」である』と持ち出している価値観が、いまのジミンとアホラーにあるとは、到底この国の住人誰1人も思っていないだろう。

 例えば、「滅私奉公」なら、なぜ国家財政が赤字なのに、国会議員の給料は非常に高く、民間会社員の平均以下ではないのか?

 こんな綺麗ごとを持ち出すほど、大道廃れて仁義ありであろう。

 大体、ジミンのなかで、これまでの失言の責任をとって辞めた者は皆無である。政治家というのは発言に責任をもつのが当たり前で、その当たり前もできずに、何の綺麗ごとを語ろうが、信頼されるわけがない。


指導者が喜劇の対象となり、馬鹿にされたとき、国の権威は失墜し、他国の信用を失い。亡国の道へと堕落していく。

 日本は明治維新までよかったが、その後は、もはや国家という呈をなしていなかったといえるだろう。だからこそ、幕末の志士たちは、いまでは、考えられないほどの、精神的な危機感、喪失感におそわれたのであろう。

 西郷は晩年、明治政府なんかつくるべきでなかったと愚痴り、勝海舟は、江戸幕府の方が、まだマシだったとボヤいた。大久保は、自ら蒔いた種を一身に背負い、殺された。

 江戸期と現代とは比較はできないが、いまでも、日本人というと、侍は尊敬される対象にもなるが、現代人はエコノミックアニマルという蔑称をも受け、外国の好きなように、外交で、愚弄されるのは、どういうことなのであろうか? 

 自分でない他人、まして専門家などは、所詮他人にすぎず、まるであてにならないではないか?

 権威に媚びるな、なぜ、自力で解決しようとしない。自分故の問題なのだから、解答は自分のなかにある。それを見つけるのが哲学である。哲学者に聴くのは哲学ではなく、猿真似である。

 天は自ら助ける者を助ける

 さて、サンデルなる者や、現代の哲学者に近いと常識として思われている学者なる職業に就く人間は、単なる逃げ道や逃げ口上を探しているだけにすぎないと思われる。

 つまり、学問という仮面を被った欲望の奴隷にすぎない。