バトシーラー日記

あまり知られていない様々な真実の知識をお届けします


スポンサーリンク

小泉純一郎さんの脱原発宣言


スポンサーリンク
原発の使用済み核燃料について、トイレのないマンションには住めない。なんてことを最近は政治家から聞かれなくなって久しいが、そんな中で小泉元総理が原発をゼロにすべきと発言したらしい。
 原発が大好きな人たちは、いろんな理由で原発を擁護することに邁進していて、中にはあきれるデマまで垂れ流して原発を擁護する変なのもいたりと、ちょっと頭大丈夫なのかと心配になる学者や評論家も見受けられた。さらに原発を止めると電気代が上がって、産業の競争力が無くなると未だに喚いている池田某というプラント素人の原発オタクもいたりして既得権益擁護にひた走る不思議な人たちがいっぱいいたりする。
 しかし、それはあくまで今の制度をそのままにしたらという前提の話であって、制度そのものを大きく変えてしまえばいいだけの話だろう。つまり原発を持っている電力会社を潰して不良債権化させてしまうということだ。

 なんて書くのは簡単だが、物凄い痛みを伴う改革になるのは想像に難しくはない。全電力会社の原発を全部不良債権化すると凄まじい金額の引当金を積まなくてはならなくなって、自己資本比率を引き上げるために強烈な貸し渋りが起こる危険性が出てきてしまうことも否定はできないから難しい。つまり、電気料金を引き上げた分で不良債権を穴埋めする形で問題先送りにしてしまおうとしているのが現在ではないかと思われる。
 政治家の多くの本音はハイリスクを覚悟の上で原発を再稼働させたいのだろうと思われ、その考えがいつまで経っても消えないものだから、原発に対して曖昧にされ続けているのも現在の一つの状況ではないかと思われる。
 しかし、もう原発を全部やめると決めてしまった方が潔いと個人的に思う。原発をやめることで一気に大不況に陥る危険性はあるかもしれないが、不良債権処理は早ければ早いほど傷は浅くなる。今のままだと原発再稼働のための様々な安全装置を設置したりしていて不良債権を増大させることばかりやっているのが目に余ってしまう。
 他にもプルサーマルとか高速増殖炉も政治決断で早くやめることを決断するべきで、いつまでも曖昧にしていたら国民の負担がどんどん膨れ上がることになるのを政治家はもう少し理解した方がいい。むろん、政治家が原発の費用を出してくれればありがたいが、しょせんは人のカネだから決断を先送りにしても自分は痛まないから原発は曖昧にしててもいいと考えてしまうのかもしれない。

 高速増殖炉などの核燃料サイクルなんてものを本当にやったら、今後30兆円とか40兆円などの信じられないぐらいの莫大な費用がかかってくると考えられるが、これらは全部不良債権となるのは化け学の基礎中の基礎さえ知っていれば十分に理解可能だろう。それこそ高校1年で習う程度の理論化学を理解していれば高速増殖炉がいかに机上の空論の妄想の上に成り立つ危険なプラントかがすぐにわかるものだ。ナトリウムの単体を薄皮一枚で水を温めるなんて冗談も甚だしいもので、水とわずかでも触れれば爆発を起こしてプラントが使い物にならなくなる。つまり無駄なプラントであり不良債権の最もたるものだ。

 問題となる原発不良債権がいくらになるかだが、非公表の原発などもあるので大雑把に多目に見積もって20兆円ぐらい。実際には減価償却などもあるから10兆円以下になりそうなものだが、原発の問題は廃炉にいくらかかってしまうか想像ができないことで、やはり多目に見積もって20兆円とみるのが妥当かもしれない。
 しかし、国土狂人化計画とやらで1年で20兆円をばら撒くと表明していた安倍のことだから、地方への公共事業で無駄な物を作るのではなく、不良債権の穴埋めに使って貸し渋りを防ぐ形で廃炉を促した方がよっぽど将来へ先送りしないで済むバラマキとなるだろうと想像する。
 どうせやらないのは目に見えているが、土建票目当てに地方バラマキ国土狂人化計画なんてやる前に、原発という不良債権を早く処理してしまった方がよっぽど有意義な公共事業となるだろう。